being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第23節 VSアルビレックス新潟(東北電力ビッグスワンスタジアム)

2011082403.jpg

この勝ち点1をどう見るか。
選手達は誰一人満足していないと思うが、結果自体はポジティブに受け取るべき。
防戦一方の流れからチームとしての粘りを見出せるか否か。
残留争いに巻き込まれる状況の中、今後の戦いでその真価が問われる。

〔大宮公式〕J1 第23節 アルビレックス新潟戦の試合結果

2011082404.jpg

大宮は前節と全く同じメンバー。ピンパォンの1トップに右からチョンス、東、ラファの2列目。
中盤センターに青木と康太。最終ラインは右から渡部、深谷、片岡、村上。GK北野。
新潟はロペスとアンデルソンの2トップ。右に藤田、左にチョ・ヨンチョル。中盤の底は本間と
三門。DFは右から村上(柏から移籍、嫌な思い出しかない)、鈴木、菊地、石川。GK東口。

2011082405.jpg

新潟が出足で勝る。最終ラインを押し上げ、中盤のブロックを整えながら、素早いサポート
で数的優位を作る。青木と康太が前を向けず、ワイドに構えるラファが対面2人に応対され、
前にボールを運べない。大宮の選手の動きは重い。

ロングフィードでロペスに裏へ走り込まれると、深谷と洋介がサイドに連れ出され、ラインが
下がる。青木が最終ラインのカバーに神経を注ぐ一方、ピッチ中央でセカンドを拾われる
シーンが目立つ。マイボールの際にもサイドのサポートが薄まり、ラファと青木、康太の
距離が遠い。ブロック間への出し入れが抑えられる中、一旦サイドにボールを付けて相手
を寄せるが、力の無いパスが相手の網に掛かる。
ボールを奪うと同時に前に出る新潟の中盤。トランジションでも劣勢に立たされる。

10分過ぎにアクシデント。裏へのフィードに飛び出したチョンスが腿を押さえて倒れ込む。
ボールを繋ぐ事が難しい展開の中、ラファと共にサイドの打開に期待が掛かる展開だった
だけに暗雲が垂れ込める。チョンスに代わって大剛がそのまま右サイドに入る。

依然として新潟が主導権を握る。サイドを押し込まれ、クロスを放り込まれる。
両CBと青木の関係がサイドと分断される状況が続き、簡単に藤田の突破を許す。
一度、深谷がロペスを逃し、ヘディングで合わされるが、ゴール左に逸れる。事無きを得た。

2011082406.jpg

大宮は前線までボールが繋がらず、ピンパォンと東が存在感を発揮出来ない。
本来、ピンパォンは相手の最終ラインにプレッシャーを与える為に中央で留めたいところ
だが、これだけボールを運べないとなると、ゲームから消える。
東はバイタルからサイドへと斜めに走ってスペースを抉じ開けようとするが、出し手が厳しく
抑えられ、菊地のプッシュアップに次々とスペースを消される。

中盤はバックパスを繰り返し、最終ラインまでも展開に詰まる。最も猶予を持つべきSBが
時間とコースを見出せず、相手を背負うラファやピンパォンに苦しいパスを出す場面も。

2011082419.jpg

新潟の守備組織と自らの実力を鑑みると、割り切りが必要な時間帯に見える。
まずは、相手の網を緩める為に大きな展開が求められる。
理想的なのは、開いたポジショニングのラファにサイドチェンジを入れる形だが、この段階
では中盤にその余裕は無かった。考えられるのは、ロングフィードへの飛び出しか。
現に、チョンス(残念ながら序盤で退く事になったが)や東の飛び出しで、深いエリアでの
起点作り、セットプレイを奪う事は期待出来る。
苦しい展開だけに選手の踏ん張りを見つめながら、心のどこかで深谷の得点に期待する。

ラファが東とポジションを入れ替える。一瞬、左サイドの守備面の手当てかとも感じたが、
その後の動きを見ると攻撃面の狙いも見えてくる。
左サイドのラファはボールを受けた時点で数的不利に陥るシーンが多かった。大宮にとって
ストロングポイントを活かせない展開なのは明らかだった。それだけに、直接的に相手CBへ
プレッシャーを与えるセンターの方が一発はありそうだ。
また、サイドを離れて中央への侵入を狙う東を活かして、カムさんが高い位置でボールを
受けるシーンに期待する。 
ラファがボールを受けて、相手を引き付けるとサイドへの展開も見えてきた。

2011082407.jpg

康太のCKからピンパォンがヘッダーを放つが、ゴール右に逸れる。頭を抱えつつ、少ない
チャンスをモノにするしかない、と思う。

相手の2ラインの安定と比べると、力の差は明らか。
大宮の中盤は一人ひとりが散り散りになり、最終ラインは脅威に晒される場面が多い。
相手のプレッシャーを前に半端なパスやミスが多く、リズムが悪い。
それでも45分は凌いだ。
動きの鈍さに心配は絶えないが、選手一人一人の闘志に期待し、声援を送るだけだ。

2011082408.jpg

後半も我慢の展開を強いられるだろう。但し、勝負の時間帯は必ず来る。

後半立ち上がりも新潟ペース。北野のセーブやボックスでのクリアが続く。
挽回の機会を窺うが、奪ったボールを溜息を誘う様なミスで相手に明け渡す。
意志疎通の乱れやプレイの迷いで自らの首を絞める。まずはチームを落ち着かせる事だ。

最終ラインがゆっくりとボールを繋ぎ、引いて受ける康太へ当てて、直ぐに戻す。
それで良い、と思う。相手の陣形は整っており、攻撃の可能性は低い。それでも、まずは
時間が要る。息を整えて、チームの意思を重ねるしかない。

相変わらず、東の動き出しは目立つ。常にステップを踏み、最終ラインのルックアップに
応じて2列目からの飛び出しを繰り返す。後方からボールを呼ぶシーン自体は少ないが、
この後の展開を考えると、相手のラインを下げて、中盤にスペースを作り出したい。
康太が前を向き、両サイドへの展開が出来れば、反撃の時間帯は訪れるはず。
ミスを減らし、フィードに対する圧力を高める等、ハッキリとした攻め手を繰り出したい。

2011082410.jpg

63分、直樹投入。直樹が右サイドの裏を窺い、ラファが中央で相手のCBを引き連れる。
後方から長いボールを入れると、ラファの周辺で混戦が起きる。重なる様な動き出しで裏を
狙う東。得点を奪うとすれば、東か・・・と微かな願いも見えてきた。

しかし、新潟の足が上回り、立て続けに決定機を作られる。
サイドや裏に流し込まれると、一気にフィニッシュに持ち込まれる。大宮のDFライン、中盤
でのパスミスが増え、カウンターからゴールに迫られるシーンが増える。

三門のミドルシュート(北野が弾き、ライン付近でキャッチするも新潟サポからは大きな
どよめきやブーイングが起こる。コッチからは窺い知れないが、ラインを超えたか否か、と
いう際どいシーンだったみたい)やロペスの1対1(ラドンチッチ降臨)など決定的なシーンに
神経が鈍り始めた感も。何の根拠も無いけど、まあ、大丈夫じゃないかと。

2011082415.jpg

新潟の運動量が衰えると、行ったりきたりの展開に突入。
中盤で康太が前を向くと攻撃の形自体は増える。しっかりとボールを収め、的確な球足で
サイドを動かす。
しかし、両サイドバックのクロス精度を欠き、ゴール前での決定機には至らない。
残り10分、東に代えて主税を投入。大きな展開から主税がシュートを放つが、バーを超える。

後半可能性を感じたのはセットプレイだったか。CKからの深谷のヘッドと康太の直接FK。
多くの決定機を手にした新潟の拙攻にも助けられ、勝ち点1を手にした。


【雑感】

2011082414.jpg

・康太の90分には違いを見る。
殆ど為す術が無い前半からのゲーム展開を考えると、後半途中からの攻撃を司った康太のタフネス(身体は
勿論、頭の中も)に恐れ入る。自分の仕事を行う為には、その時間まで耐える力も求められる。存在感十分。


・北野は窮地を救うセーブとチームを苦しめる配球で、主に相手サポを一喜一憂させる。

2011082417.jpg

・時間さえ間に合えば、東のゲームになるかと思ったんだけど・・・。
旺盛なフリーランと果敢なポジショニングに勝負勘とエゴを感じる。ハイペースの意気も良し。それだけに途中
からは交代のタイミングが気になった。


2011082416.jpg

・連携には不安が多いが、洋介個人の強さに何度も拍手を送る。今後も頼むぜ。

・深谷が来るかも、と90分で二度呟く。惜しいのはあったけどね。

・チョンスは肉離れか。大事で無ければ良いんですが・・・。

・急遽出場の大剛はゲームの流れに乗り、試合の鍵を握っていた。
劣勢の青木、康太とのバランスを取り、巧みな顔出しと足元の技術でボールの収まり所として機能していた
と思う。防戦の流れで、結果的には守備面の貢献も。石川を翻弄したスピードを見ると、今後は長い距離を
走り、決定的な形に絡む事も期待したい。


・相手ディフェンスを戸惑わせる主税の危ういフェイント。
とにかくボールが足に付かなかったですね。ゲームの流れに乗れず、眠れない夜を過ごしただろうな・・・。

・「何しとんねん。頭が高いぞ」と選手個人を野次るオッサンに引く。単純に引く。
「頭が高い」って、初めてリアルで聞いたw お前に頭を下げる奴なんてこの世に一人も居ない、に100ペソ。
ワシの中のキ○ガイリストが物凄い勢いで埋まっていく今日この頃。


・東口、相変わらず凄えキックしてるな。アシスト寸前。

・ミシェウ目立たず。相手の重心をガン見し過ぎ。

2011082402.jpg

・札幌繋がりですね。カムさんと森保さんの談笑にはピンとこなかったが、仙台なのね。

2011082401.jpg

・お母さんですかね。アディダス使いとは知らなかった。

・タレカツ丼、食前は怪しんでいたけど美味かった。甘さが良いっす。

・バイちょさんの「きっと我慢強い子になりますよ」という言葉が最大の収穫。

2011082418.jpg

・試合後に立ち寄った居酒屋で深井のサインを激写。ちなみにサイン日の2007年5月6日
時点、我がロバート大宮は1勝7敗2分。サーレスもうちょい頑張れ。



2011082413.jpg

試合内容を考えると、勝ち点1を拾い上げたゲームと言えるだろう。
勿論、低調なチームを見ると不安は拭えない。ただ、この日のゲームに限っては己の実力
不足という反省に纏める必要も無い。まずは次の準備を整えて欲しい。

前2試合とは異なり、試合後の洋介の表情には晴れ間も見えた。
直樹や康太の悠然とした佇まいも印象に残る。
次の戦いは早くも2日後に迫っている。

| 大宮アルディージャ | 19:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

hisauさん、こんばんは!
新潟にいらしてたんですね!
あの内容にしては1点ゲット、ラッキー!とポジティブに捉えたいです。

今までの活躍で康太へのマークも厳しくなってますが、
黄色リーチ状態でも本人が「絶対外したくない」と言ってた磐田戦なので頑張って欲しいです。

私達もトコトン闘い抜きましょう(b^-゜)

| アルヘェ | 2011/08/26 21:00 | URL |

アルヘェさん

こんばんはー。
遅めの夏休みを利用して新潟に行ってきました。
試合は何だかグダグダでしたが、それでも守備の集中と個々の頑張りは
感じられました。相手のシュートミスに助けられたのも事実ですけどね。

磐田戦、康太の奮闘にも期待したいですねー。
苦しい時期ですが、何とか闘い抜かなければなりませんね。
今度こそ、本当に今度こそホームで勝ち点3が欲しいです。

| hisau | 2011/08/27 00:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/616-3bed26ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。