being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リーガエスパニョーラ第2節 バルセロナVSビジャレアル

マドリは更に処理能力を高めている。中盤の守備、ゴールへのアクセスは効率化が進み、
勝点を生み出す機械として、チューンアップを整える。
やはりシャビ・アロンソの存在が鍵になりそうだ。ハイスペックの攻撃陣を安定させる事が
出来るか。ヌリ・シャヒンのパフォーマンスにも注目したい。

マドリが6得点でサラゴサを葬った翌日、バルセロナが初陣に臨む。
名実共に最強の称号を手にするバルサは動因を内に求める。
試合前のスタメンを見て、3バックを確信する。実際はディフェンス不足に拠る緊急措置で
数日間の準備だったようですが、継承者ペップにとっては当然の成り行きにも見えた。
TV画面の前で俄然興味が高まる。

GKバルデス。3バックの中央はブスケツ。右にマスチェラーノ、左にアビダル。中盤はセスク
を頂点、ケイタを底に置き、右にチアゴ、左にイニエスタの菱形。3トップは右にアレクシス、
左にペドロ。中央にメッシ。シャビはベンチスタート。

ゲームは序盤から圧倒的なバルサペース。
3バックという事で些細なミスも許されない気配に包まれるが、中盤でボールを動かし、
如何にプレイするのか、という血に澱みは全く感じられない。
的確なポジショニングと圧倒的な技術でボールを繋ぎ、何度もゴールに迫る。

前半25分、今季リーガ初ゴールはチアゴ。ドリブルで4人の穴を突き、左足で叩き込む。
タッチライン際に張るペドロ、アレクシスが広げた網をメッシ、セスク、イニエスタが
解く展開の中、抑えの効いたプレイで中盤を締めるチアゴが見せた果敢な突破。
セスクが加わり、中盤の構成に贅沢な悩みを抱えるチームで、チアゴ自身がきっちりと
答えを見せた。チアゴの存在感は頼もしい。

ゲーム全体を見ると、前半終了間際のセスクのゴールが大きかった。
セスクについては、適応という表現が憚られる程、既にチームの一部と化している。
セスク自身のインテリジェンスに驚くと共に、「家」としてのバルサの大きさを思い知る。
中盤のトライアングルで攻撃を組み立て、SBとCBの間へのランで攻撃の局面を動かす。
バイタルでのメッシとのパス交換でディフェンスを翻弄し、ゴールという結果で開幕戦の
勝利を引き寄せる。今後の活躍が本当に楽しみ。

ビジャレアルにとっては失点直後の2度の決定機でロッシが決め切れなかった事が全て。
特に、バーを叩いたボールをゴールライン上で掻き出したバルデスのスーパーセーブで
勝負が決まった印象。
イニエスタとチアゴの裏を使ったカウンターが繰り出せず、リーガ屈指の2トップへの縦パス
は悉く3バックとケイタの出足に潰された。完敗。

後半には新加入のアレクシスがディフェンスラインとの駆け引きを制してゴール。
ペップが熱望したという理由は初戦を観ただけで十分に理解出来ましたね。
良い選手だなあ。そして、ペップの眼に改めて感服。
滑らかなギアチェンジと風を切るトップスピード。そして、高いディシプリン。
ハーフタイムに山田さんが述べていた通り、ペドロがもう一人居るかの様な安心感。

後半はメッシが貫禄の2得点。結果的には5-0で初戦を飾った。

現状、3バック自体は一つのオプションに過ぎない。守備陣の人数が揃えば、昨年までの
4バックを優先する方が現実的だと思う。フォンタスの成長も待ち遠しい。
ただ、フォーメーション自体が問題では無い事は言うまでも無い。
重要なのは、各選手の高いパフォーマンスとチームとしての強固な基盤。
どの様な状況でも自らのゲームを遂行する。その力は今季も健在。
そして、この開幕戦では3バックの採用がその強さを逆説的に印象付けた。
3バックはチームの成長を促す潜在能力を宿している。目的では無く、手段として。
「机上の大戦術家」ファンハールが描いた3-4-3は色褪せた紙芝居の如く、遠くに霞む。

| 海外フットボール | 23:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは~。WOWOWが見られない(というかそこまで選択肢を広げることが不可能)自分なので、hisauさんのブログから勝手に妄想を膨らませるとします。

リーガは究極の二極化が進んでいるようで、去年あたりは「そんなリーグ面白いのか?」なんて思ったりもしましたが、2ポイントを落とす引き分けすら許されない戦いに挑む2チームに、俄然興味が沸いてきました。

セスクすでにフィットしてますかー・・・(棒読み)ズラタンがダメな理由は、当たり前すぎますが動きの部分なんですかね。今年のマンUが明らかに「バルサ」を意識したサッカーを展開していて、似たようなタイプのベルバトフが4番手以下の評価ですからね。この辺も注目かもしれません。

自分は今週の月曜日に、amazonでベルカンプのDVDをやけくそで購入し、思い出に浸ってます(笑)

| | 2011/09/03 00:25 | URL |

先ほどのコメント、名前記入忘れました。まぁ内容で想像できるでしょうけど、ライトアップです~。

| | 2011/09/03 00:26 | URL |

ライトアップさん

こんばんは。
リーガは今年も2強が抜けている感じですね。
ただ、楽しみ方としてはそれ以外のチームに注目するのが基本スタンスですね。
ビジャレアル、セビージャ、アトレティコ、今年であれば大量補強のマラガ等、
「普通に強い」チームがどの程度の野心を持つのか・・・ってのが楽しみです。

セスク、既に十分良いっす。興味無いでしょうけど(笑)
ズラタンは中盤のサポートが遠いチームの方が存在感を発揮できるのでしょうね。
バルサでは蓋になる事も多かったですし、相手ディフェンスを引き付ける以外の動きが
物足りなかったかなと。ベルバトフもそうですがバイタルを動いて抉じ開けるチームに
とっては、やや重い感じですね。

マンUは注目ですね。アーセナルとリバプールは暫くは静観(悪い意味で)かなという
感じですか。あ、そういえばパーカーの加入が嬉しい今日この頃です。

| hisau | 2011/09/03 18:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/619-2b170053

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。