being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第25節 VSガンバ大阪(万博記念競技場)

昨夜は自宅でTV観戦でした。

前半は悪くなかったと思う。ゴールに迫る事は出来ない反面、ゴールから相手を遠ざける
事は出来ていた。しかし、終了間際のパスミスにより、失点。
ハーフタイムにスタッツで双方のシュート数の少なさを確認し、数字の上でも思惑通りの
展開にも見えただけに、前半を凌げなかった事が残念。

攻撃の手を見出せない中、注文通りのカウンターで追加点を奪われて、結果的には完敗。
選手個々、チーム力の差を思い知らされたゲームでした。

〔大宮公式〕J1 第25節 ガンバ大阪戦の試合結果

ガンバは運動量を欠き、守備のブロックは低く沈んでいた。
ただ、ガンバには前線のスピードを活かす事が出来る中盤が存在し、その戦い方は一つの
選択に成り得た。
対照的に、大宮は攻撃を構築する段階でラファを浪費し、精一杯の手段を痩せ細らせた。
前半は大剛、後半は東が間で受けてボールを運んだが、相手陣内でのスピードを上げる
スペースは作り出せず、ゴールを目指す動き出しやパスは殆ど観られなかった。

勝負という側面では、失点に繋がった慎のバックパス(及びその直前のヨングォンの判断)
が最大のポイントだったのは言うまでも無い。
地力で劣るチームがあの時間帯であの様なミスを犯していては、勝てるはずも無い。
ただそれ以上に、チャンスを生み出せなかった後半の攻撃には肩を落とす。

ボールを繋いでセカンドを拾う事が出来ていた前半は、攻撃面では無く守備面の優位を得た。
ガンバの縦パスの割合と比べると、ボールを繋ぐ事自体に対する評価は難しい。
但し、相手2トップに対する片岡と深谷の健闘は「攻撃的な戦い」の産物だと感じる。
康太の不在も考えると、前半の展開には自信を持つべきだと思う。

ビハインドの後半は、現状での攻撃面の限界を突き付けられたゲームでしたね。
それでも、下を向くだけのゲームでも無いと思う。

粘り強い守備を見せた片岡、深谷のペア。大きな負担を振り払い、懸命に走るラファ。
的確なポジショニングと安定したプレイで存在感を見せた大剛。
交替選手として明確な意志を見せた今季初出場の早十(ビルドアップ時にサイドの裏へ
ボールを引き出し、クロスに対して中盤からゴール前に飛び出し、攻撃に厚みを加える)。

それぞれの踏ん張りを目に焼き付けながら、この悔しさを次に繋げるしか無いな。

| 大宮アルディージャ | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/620-205a6a6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。