being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リーガエスパニョーラ第3節 レアルソシエダVSバルセロナ

アノエタでのホームゲーム。
普段はバルサ目線で観る事が多いリーガも、ソシエダが相手となると例外。
完全にラ・レアル目線でゲームを楽しむ。

ソシエダは4-1-4-1の布陣。
アギレチェの1トップに両翼がシャビ・プリエトとグリーズマン。前半は右にグリーズマン。
インサイドハーフにスルトゥサとマリガ。アンカーにイジャラメンディ。最終ラインは右から
エストラーダ、デミドフ、イニゴ・マルティネス、デラベジャ。GKブラボ。

バルサは代表帰りのメッシ、ビジャをベンチに残し、セスクを最前線に置く。
両ウイングはアレクシス、ペドロ。シャビとチアゴの後方にケイタを据える。
DFラインは右からアウベス、ブスケツ、フォンタス、アドリアーノ。GKバルデス。

開始5分、いや、3分で「これは勝負になる」と確信する。
整えられたソシエダのラインを前にバルサが縦パスを躊躇する。特に中央は固い。

対バルサの守備組織はそれなりに見慣れたつもりだったが、この日のソシエダには目を
見張らされる。特筆すべきは2列目のポジショニング。
バルサのビルドアップ時に、シャビ、チアゴとの間合いを詰めて、簡単に前を向かせない。
DFラインまで下がって引き出す選手(主にケイタ)は捨て、流動的にボールを引き出す
インサイドに対しては徹底して自由を奪う。
その後方では、最終ラインの巧みなコントロールが中盤の接近戦を支える。
ボールエリアが低い段階では大外で待つペドロとアレクシスを切り捨てて、中央を4枚で
絞り込む。バルサの中盤が視線を落とすと一気にラインを上げて、バイタルを消し去る。
まず、中は通させない。

止むを得ず、サイドバックを上げて大外から強引に崩しに掛かると、サイドバックが素早く
ラインを飛び出し、イジャラメンディを最終ラインに吸収しながら中央を速やかに閉める。
ほぼパーフェクトに見える対バルサの守備組織。
リーグアンで名を上げた「ジャイアントキラー」、モンタニエの本領発揮なのか。   
これだけの守備を作り上げた手腕には驚かされる。
映像を観ていると、隣に座るコーチの関与が感じられる。ミシェルトラン(アシスタント)では無さそうだが。

後は両翼の切れ味でカウンターを見舞えるか。昨季とは逆サイドに陣取るシャビ・プリエト、
グリーズマンがなかなかボールに触れられないのは気になるが・・・。
一旦サイドの裏を突き、カウンターの厚みを持たせる為にも、左右の翼を元に戻すべきか。

9分、トップから消えたセスクがハーフライン付近で前を向く。その瞬間に浅いラインの裏を
アレクシスとシャビに飛び出され、呆気無く失点・・・。
12分には同じ形から、セスクが決めてあっという間に0-2。うーむ・・・。
結局は選手の頭の中が違うのか。10分で守備網の隙を見付け、食い破りやがった。
開始5分の手応えは霧散し、この瞬間には8失点は覚悟する。

しかし、ここからの踏ん張りが本当に素晴らしかった。
ソシエダはラインを下げない。裏への飛び出しを怖がる事無く、出所への圧力を更に高め、
楔のコースには中盤が神経を尖らせる。グリーズマンとシャビ・プリエトが積極的に両SBへ
プレッシャーを掛ける際には、イジャラメンディが一列上がってバルサの2列目を見張る。
相手陣内で嵌るシーンが増え、ボールの奪い所が高まる。
メッシ不在とは言え、バルサのパスワークは明らかに停滞している。

15分、アギレチェの粘り強いキープから、イジャラメンディのミドルに繋げる。反撃開始。
パスワークを封じ、前半を2失点で折り返すとソシエダが自らの時間帯をモノにする。

58分、左にポジションを移したグリーズマンがグラウンダーで裏へのアーリークロス。
逆サイドに流れたボールをシャビ・プリエトが左足に持ち替えてクロス。
ファーでアギレチェが渾身のヘッド!!1点を返す。アギレチェが右手を掲げる。

3分後、ビジャ(アレクシスの負傷で左サイドに入る)の曖昧なバックパスをアギレチェが
奪い、バルデスの頭上を抜くループ。シュートはバーを叩くが、跳ね返りをグリーズマンが
頭で押し込み、同点!!凄いぞソシエダ。

バルサはメッシ、イニエスタを投入して勝ち越しを狙うが、そのままタイムアップ。
贔屓目かもしれないが、ラ・レアルの逆転も有り得た展開だったと思う。堂々のエンパテ。

ジョレンテの不在を吹き飛ばすアギレチェのプレイには魂を感じたよ。
シャビ・プリエト、グリーズマンの両翼はやっぱり頼もしい。
中盤で強靭なフィジカルと推進力でバルサの中盤を封じた新戦力のマリガ。
高いスキルと戦術眼で攻守を司った期待の星、イジャラメンディ。
今季、ソシエダのゲームを初めて観ましたが、今後に大きな期待を抱かせるゲームでした。

最後に、この日のスタメンの内8人がカンテラーノだった事を改めて記しておきたい。

| 海外フットボール | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/621-ed788101

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。