being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

R.E.M解散

9月21日、R.E.Mが31年の活動に終止符を打つ事を発表した。

〔R.E.M公式〕R.E.M. CALL IT A DAY (UPDATED WITH BAND MEMBERS' COMMENTS)

〔MTV JAPAN〕R.E.M.解散 メンバーがメッセージを発表

アメリカ時間の21日に解散を発表した米ロック・バンド、R.E.M.のメンバーが、
それぞれの想いを公式サイトに掲載した。各メンバーのコメントは次のとおり。

マイク・ミルズ:
「前回のツアー中も、『Collapse Into Now』を制作中も、そして今回のベスト盤を
まとめている間も、僕たちは『次はどうする?』と自問し始めていた。
30年以上の間に生まれた音楽や思い出を振り返る作業は、実にとんでもない旅と
なった。これらの楽曲が過去31年間の活動に自然と区切りをつけているのだと、
僕らは気づいたのだ」

「僕らはずっと、バンドという言葉の持つ本当の意味を身をもって実現してきた。
それは真に愛し合い、尊敬し合う兄弟だ。このことにおいては自分たちがパイオニア
だと感じている。ここには不協和音や仲たがい、にらみあう弁護士などは存在しない。
これは僕らが一緒に、友好的に、心から互いのことを思って下した決断だ。
とにかく今が正しい時だと感じている」

マイケル・スタイプ:
「“パーティに参加する時の秘訣は、引き際を見極めるということだ”と、かつて賢人は
語ったものだ。僕らは一緒に並外れたものを築いてきた。僕らはやったんだ。
そして今、そこから歩き出そうとしている」

「これが早すぎる決断ではないということに、ファンのみんなが気づいてくれることを
願っている。全てのものには必ず終わりが来るわけで、僕らは正しく、自分たちの
やり方で終わりたかった」

「過去31年間にわたって、R.E.M.として活動する僕らを支えてくれた全ての人に
ありがとうと言わせてほしい。僕らの活動に参加してくれた人々に、心からの感謝を。
素晴らしい日々だったよ」

ピーター・バック:
「R.E.M.として活動する上でいつもすごく嬉しかったのは、僕らの書いた曲や歌が、
自分たちと同じくらいファンのみんなに大切にされてきたという事実だ。
これまでも、そして今だって、みんなを尊重することは僕らにとって重要なことだ。
みんなの人生の一部になれたことは信じられないほどの贈り物だよ。ありがとう」

「マイク、マイケル、ビル、バーティス、そして僕は、素晴らしい友人としてここから
歩き去って行く。僕は今後も彼らに会うことになるだろう。
長年にわたって僕らを追いかけ、応援してくれたみんなとだって、いつか会えるのだと
僕はわかっている。それは君の地元のレコード屋のアナログ盤コーナーでのことかも
しれないし、クラブの後ろの方に立って、19歳のグループが世界を変えようとする
姿を見守っている時かもしれない」




音楽に夢中に成り始めた頃、既に巨人は佇んでいた。
パンクが跪き、ニュー・ウェーヴが過ぎ去っても、独り立ち続ける。
懐古に沸いた英国のパーティが終わりを迎えた時も、カートが銃を握り締めた時も彼等は常に
サウンドを掻き鳴らし、詩を語り続けた。「バンド」で在り続けた。

文字通りのインディーバンド。ビッグバンドに付き物のゴシップやコマーシャルは無かった。
「世界で最も重要なロックバンド」の名が与えられても、大文字の世界に消費される事は無く、
一人ひとりのリスナーに音楽を届ける、一人ひとりにとって重要なロックバンドとして存在した。
その立ち位置を含めて、本当に尊敬すべきバンドです。



マイクが語る「バンドという言葉の持つ本当の意味を身をもって実現してきた」というその点に
改めてリスペクトを表したい。自分達のやり方で終える、という最後は彼等に最も相応しい。

もう新作が聴けないのか、と思うと寂しいけど、R.E.Mを聴きながら歳を重ねる事が出来たのは
幸せですね。勿論、今後も彼らの音楽に誘われ、その詩に想いを巡らせ続けるのだろう。

| 音楽 | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/624-1960b727

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。