being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第30節 VS名古屋グランパス(NACK5スタジアム大宮)

漸く録画を見終える事が出来たので、今更ながらグランパス戦の感想を。

〔大宮公式〕J1 第30節 名古屋グランパス戦の試合結果

TV画面の前で想像したのは、そこに深谷が居る限り、ブーイングは難しいかなと。
正直、深谷のプレイは軽率だと思う。手を使った苦しい守備の顛末とも言える。
(家本主審の笛には驚いたけど、判定自体は間違っていないからね。ただ、アレを吹くとなると、今後色々と
大変だと思うなあ。どれだけあの「ファウル」を取り続ける事が出来るのか)


また、連覇を狙う強者から2点を奪いながら、勝ち点を掠め取る事が出来ないのは、残留
争いのチームとしては最悪の結果だと思う。
飽き飽きする様な「試合運びの拙さ」や「勝敗に対するチームの反射神経の鈍さ」に不満を
投げつける事は簡単だけど、チームの視線を共有し、今はそれを飲み込むだけ。
結果的に勝ち点は足りない。まずはそれが全て。
そして、ゲーム内容を観れば、今のチームが足を置くステージも理解出来る。
シーズン終了後にクラブがどの様に判断するのか。
いずれにしても、まずは残留を決めるしか無いですね。

試合に関して。
開始早々の闘莉王のヘディングによる失点は叩き売りの様に安く、恨めしい。
しかし、逆転に至るまでの筋は決して悪く無かった。ただただ、失点の場面が悔しい。

守備の出足はチームを結び付けていた。
11分、阿部へのサイドチェンジに大剛が駆け付け、自陣へサポートに戻る小川の背後に
杉山が追い付く。3人目として玉田が中央のエリアに顔を出して、パスコースを作り出す。
しかし、これも青木が照準に入れ、トラップの瞬間にボールを突く。ケネディへの放り込み
で中盤を飛ばされる展開も頭に入れつつも、高い位置でのプレッシャーに勤しむ。

奪ったボールは、次々と間のスペースへと流し込む。
守から攻へのトランジションでのグランパスの作法に変わりは無い。
名古屋の最終ラインはバイタルの潰しやボールへのアプローチよりも、ゴール前を固める
事を優先する。引きの早さで、自らの高さを活かすと同時に自らのスピード不足を消す。
その一方、ピッチの各所で1対1の緩みが顔を覗かせる。吉村の背後のスペースは大きく
開けており、ラファのキープ力は勿論、早十や大剛が最終ラインの手前で顔を上げる。

名古屋のパスミスが目立ち、青木や康太が奪った瞬間に大剛が的確なポジショニングで
ボールを引き出す。吉村や中村との距離を計り、顔を出し、中央や逆サイドへの展開へと
繋げる。絞り気味に位置する大外のSBとアンテナが低いサイドハーフの守備意識を見ると、
サイドチェンジから数的優位を作り、2対1で切り崩す事は十分に可能。

名古屋は早い時間帯の得点の影響か、攻撃への出方が曖昧に見える。名古屋の攻撃陣は
後ろ向きでボールを受ける事が大半で、陣形を押し上げる事は出来ない。
それでも名古屋の個の力が展開に消される事は無い。
展開と決定機は釣り合わず、力差を感じる展開。

名古屋はカウンターから阿部や田中隼のクロスでチャンスを作り出す。
20分、藤本淳吾のクロスにフリーのケネディが頭で合わせるが、枠外に逸れる。ケネディを
抑える事は難しい。中盤でのロストが高い確率でピンチを招く。内なる脆さとの戦い。

36分、選手達の意識が絡み、動きが動きを呼ぶ。
深谷のルックアップを皮切りに、次々とトライアングルが生まれる。最終ラインからのボール
をハーフライン付近で東が引き出し、バイタルのラファへ縦パスを通す。動きの中でフリー
の選手を作り出し、それを続ける事でボールをゴール前へと運ぶ。見事な展開。
最後はヨングォンのクロスに早十がヘッドで合わせるが、ニアのポストを叩く。
TVの前で唸る。うーん、惜しい。

38分、カウンターから玉田にスピードで千切られるが、ファーを狙った右足のシュートは
ポスト左へ外れる。まだ、チャンスはある。
44分、ヨングォンからサイドに開いたラファへ。ドリブルでペナに侵入し、放ったシュートを
楢崎がセーブ。跳ね返りを早十がダイレクトで合わせるが、無人のゴールを右に逸れる。
前半終了。相手の鈍重なサッカーも考慮すべきだが、大宮の動き自体は悪く無い。

後半。洋介が差し出したタックルの残り足が掛かり、ケネディが前のめりに倒れる。
玉田が放ったプレイスキックがクロスバーを叩く。
ケネディのヘッダーや中村のミドル等、それまでもピンチに晒されながら何とか凌いだ。
杉山に代えて、チョンスを入れて、大宮が逆襲に転じる。

64分、アウトサイドで止めた瞬間にイメージは出来あがっていた。東が咄嗟の判断から
爪先でゴール右隅へ押し込む。限られた時間と空間で捻り出した東の見事な同点弾!!

その2分後、チョンスが相手DFラインの背後へグラウンダーのクロスを入れると、ニアの
早十が潰れ、ファーで待ち構えたラファが沈める。逆転!!
ラファは遂に大宮史上初のJ1二桁得点!!これで勝てれば最高だったけどなあ・・・。

名古屋はハイタワーの下に潜むチャンスを拾う為に前線に人を集める。金崎と永井を投入。
今の大宮はゴール前での高さというオプションを持たず、深谷と洋介が体を張って揮い
落としたセカンドを、康太と交代で入った慎が必死に掻き集める構え。

楢崎のフィードがケネディの頭を捉え、混戦から玉田が左足を振り抜き、同点。洋介が
交わされた時点で為す術が無い。
84分、ペナ内のケネディとの競り合いで深谷がファウルを取られ、万事休す。
PKで再び逆転を許すと、痛い敗戦を喫した。

以下、個人的なメモ(直接試合に関係ないものも含む)。

・金崎と永井投入に対して、受けに回った様には見えず。
・逆転後に、どの様に「5-2」程度のスコアに持ち込むのか。
・康太を下げた後、カウンターの経路は?
・青木の奮闘にもう少し注目しよう。
・ヨングォン軽いな・・・。それでも「CBのレギュラー」が良いと思っている。このチーム状況
や時期を考えると流石に難しいとも思うけど。
・相変わらず玉田のプレイは素晴らしい。ワシ的には日本歴代2位のエース(1位は柳沢)。

| 大宮アルディージャ | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/634-d30d6028

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。