being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニューオーダー2012(DF)

今回は新シーズンのDFに関するエントリです。
今シーズンのDF登録のメンバーとイン、アウトは以下の通り。

<メンバー> 菊地、深谷、坪内、ヨングォン、下平、規郎、村上、渡部、片岡
<IN> 菊地(←川崎)、下平(←G大阪)
<OUT> 泰史(→大宮アンバサダー)、福田(→富山※期限付延長)、杉山(→横浜FC)

昨年、ディフェンスラインのメンバーは最後まで固定される事は無かった。
一昨年の後半を支えた坪内と深谷のコンビは解体。ヨングォンの相棒として出場機会を
争う事が多かった。そのヨングォン自身も一時期は左SBで起用される等、組み合わせに
ついては一年を通して試行錯誤が続いた。また、終盤には洋介が頭角を現し、最終的に
ディフェンス陣の序列は混沌としている。

補強は二名。まずは、川崎フロンターレより菊地が加入。昨シーズン、攻守共に空中戦を
課題としていたチームにとっては念願の補強と言えそうだ。
また、ガンバ大阪より下平を獲得。ビルドアップに長けた選手だけに、鈴木監督が目指す
ボールを繋いでイニシアチブを取るという方向性の上では、康太やヨングォンと共にチーム
を左右する存在になるだろう。

個人的には、CBはヨングォンを中心にすべきだと思う。ラインを高めて、コンパクトな中盤を
保ちながら攻撃的に振舞うのであれば、裏のスペースを掻き消すスピードとカバーリングの
能力は不可欠。現在のメンバーでヨングォンを上回る存在は居ない。そして、彼の左足は
突出している。この逸材を使わない手は無い。

各選手の特性や最終ラインの補完性を考えると、菊地と深谷はCBのポジションを争う事に
なるか。個人的には洋介が実力上位だと考えますが、どうなるか。

SBは左が村上と下平、右は渡部と大剛が争う形か。下平が左に収まる場合は、村上が右
に回る可能性も高い。いずれにしても、両SBには攻撃に長けたメンバーが揃う。その点では
今一度ツボが鍵を握る存在になると睨んでいる。   

それでは、各選手について。



NewOrder2菊地

菊地光将(No.2)

川崎から新加入。ハードマークとエアバトルに自信を持つセンターバック。
昨年、セットプレイでの得点力の低さや、相手のクロスやパワープレイ等、両ゴール前での
空中戦を課題としていた大宮にとって、適材の加入ですね。
闘莉王にも匹敵するとの声もある滞空時間の長いヘディングが大宮の新たな武器になる
事を期待したいですね。場合によっては、中盤の底での起用もオプションに成り得る。  

泰史とは浦和東、駒澤の盟友であり、フロンターレ時代に泰史の為に率先して活動する姿
が印象に残っていますが、まさか大宮にやってくるとは思わなかったです。
その上、泰史の背番号2を預かる事になるとはね・・・。泰史、嬉しいだろうな。

あ、去年泰史のTwitpicで見た息子クンの可愛さにはメロメロになりました。何だかイイ顔
してるんだよなー。こちらもニッコリしちゃいます。
あと、ONE PIECE好きみたいなので、早めに大剛とのホットラインを築いて欲しいところ。 

多くの物を背負ってピッチに立つ菊地選手を精一杯応援したいですね。

NewOrder4深谷2

深谷友基(No.4)

昨年、深谷がスタメンを外れたのは9試合。当該試合の平均失点は1.89であり、シーズン
全体の平均失点(1.41点)を大きく上回る。また、最も苦しんだ7~8月(11試合、2勝5敗
4分)にベンチスタートが集中していた(5試合)事も書き加えておく。データ的には深谷の
存在の大きさを改めて理解する。

しかし、昨年は深谷自身にとっても本当に苦しいシーズンだった。
矢島に振り切られ、ピッチに叩きつけられた川崎戦。ケネディとのポジション争いで痛恨の
PKを与えた名古屋戦。入れ替わりの激しい最終ラインの中心として奮闘するも、試合後の
悔しい表情がより心に残る。

相手がボールを受ける直前の当たりや寄せ、クロスに対するポジション取りで発揮される
強さは健在。一昨年の後半、驚異のゴールラッシュを導いたセットプレイでの得点力にも
期待したい。
アジリティやフィードに優れるタイプでは無いだけに、ラインを高く保ち、マイボールを繋ぐ
という点では、ヨングォンや洋介に先を譲る。自らのストロングポイントをどれだけ安定して
発揮出来るか。また、特性が近い菊地の加入は必ずや刺激となるだろう。
今季も鋼の様に硬くて強い守備、そして魂のヘッダーによる得点に期待しています。

NewOrder14坪内

坪内秀介(No.14)

そもそも移籍のオファーが届いていたか、そして、坪内自身がどの様に考えているのかは
当然の事ながら知る由も無い。それでも、今回のオフで強く願っていた一つがツボの契約
更新だった。

昨年は開幕スタメンを飾るも、自らのオウンゴールで同点に追い付かれ、震災による中断
後は深谷とヨングォン、終盤戦は洋介にポジションを譲る形となった。昨シーズンは、時期
によって、身体のキレを欠く様なシーンもあった。

しかし、今季は一昨年同様、坪内の力がチームにとって再び必要とされるはず。
菊地を加え、人に強いタイプを揃えるセンターバック。攻撃面でストロングポイントを持つ
選手が多いサイドバック。いずれの陣容を見ても、坪内の存在がクローズアップされる。

周囲の状況を見ながら対応出来る粘り強さ。丁寧なステップとカバーリングの意識。
競り合いとスペースに対するケアは両立し、その動きの細やかさにはいつも感心させられる。
アスリートとしての能力は決して秀でている訳では無いが、スタンドから観て、思わず拍手
を送りたくなるディフェンダーだ。あのバクスターが代表級だと語った潜在能力は未だ全開
では無いと信じているし、選手としてのピークはこれからだと感じる。
  
プロのサッカー選手という「勝者」の中で、自らを「ネガティブ」と語るツボには絶対の信頼を
置く事が出来る。今シーズンも全力で応援します。

NewOrder20ヨングォン

キムヨングォン(No.20)

カシマスタジアムで放たれたフィードは何度観ても惚れ惚れする。ワンステップで芝を切り、
長い対角線を繋ぐ。その後、NACK5スタジアムの日常となった左足の才気は、明らかに
一段高いレベルに在る。
また、ディフェンダーとしての能力も高い。特に地上戦での対応に優れ、鋭い読みと決断力、
一瞬の加速を併せ持つ。特に浦和戦(ホーム)でのパフォーマンスは圧巻だった。マルシオ
とマゾーラのワンツーを一人で引き受けた守りに、底知れないポテンシャルを感じた。

確かに、甘さや軽さが零れ落ちるシーンもある。勿論、言葉の問題も存在するのだろう。
今季は五輪代表で大宮を離れる期間もあり、将来的には海外への移籍も考えられる。
それでも尚、彼を最終ラインの中心に据えるべきだと思う。ヨングォンの様な素材は世界的
に見ても希少価値が高い(アジアのヴェルマーレンと呼んでいるのはワシだけだろうけどw)
個人的には、サイドバックよりも、センターバックとしてのプレイに輝きを見る。

まだ、21歳。その大器をチームの中で十分に開花させられるかどうかは、アルディージャに
とっても試金石となる。ファンとしては、大宮とヨングォンの成長がシンクロする事を願う。

NewOrder22下平

下平匠(No.22)

中学時代から過ごしたガンバを飛び出し、今季大宮への加入を果たした左サイドバック。
左足の精度、技術には定評があり、ビルドアップの起点としての活躍が望まれる。

スピードや守備力に秀でる選手では無く、自らの上下動で相手を揺さぶるタイプでは無い。
如何にボールを動かし、攻撃を組み立てる事が出来るか。長短が明確なプレイヤーだけに、
チーム作りの青写真や方向性に対する強化部の意志を読み取る。例えば、張監督であれば、
補強のターゲットとしては有り得ない選手であり、下平選手が誘いに乗る事も絶対に無かっただろう。

サイドバックは「最後のピース」であると同時に、チームの性格を形作る重要なポジション
だと思う。それだけに、下平選手の獲得には今オフ最大の「仕事」を感じた。

康太、ヨングォンとの関係で考えると、影武者として前線や中盤を動かす存在になるだろう。
現代サッカーにおいて最もプレッシャーを回避出来るエリアで、存分にその左足を揮って
欲しい。下平が攻撃のスイッチを握る事で、康太へのマークを分散させる事も可能になる。

性格的には、肝が据わったタイプかなーと勝手に妄想していましたが、長谷川をチョコビ
ちゃん扱いするプレイを見て、確信。エエもん持ってます。
下平選手、ようこそ大宮へ!!タッチライン際からチームを操る姿を楽しみにしてるよ。

NewOrder24規郎

鈴木規郎(No.24)

センターバック。お洒落ナンバーワン。旅人。規郎にとって、苦しく歯痒い一年だった。
昨シーズン、リーグ出場は僅か7分。一昨年、シーズン途中に加入すると主に左SBとして
レギュラーを確保していた事を考えると、その立場は激変した。

正直、使い勝手が難しい選手だとは思う。特にサイドバックでの起用は難しい。
中盤のキープ力、特に同サイドの一列前の選手がボールを持てるタイプであれば、上がり
の余裕を持って、規郎の左足の一発に賭ける事も出来る(例えば、左ハーフがチョンスの
場合とか)。しかし、様々な戦況を想定すると、チョンスと規郎のコンビは余りにも汎用性が
無く、一人のファンとして、そんなスクランブルシフトを長い時間観たいとは思わない。
勿論、ビルドアップの起点としてのサイドバック像は思い浮かぶが、下平が加入した今と
なっては、その「ポジション」に居場所を見出すのも難しい。うーん、どうするノリオ選手。

ただ、スペシャリストとしての存在感は十分。昨夏の栃木との練習試合では、膠着状態の
ゲーム展開の中、一人で持ち上がり、際どいクロスを上げる等、変わらぬ力強さを感じた。
その一方で裏のスペースを簡単に突かれるのも、いつものノリオ選手。それはそれで良い。
規郎についてはチーム状況や他の選手云々では無く、彼自身の出来が全てだとも思う。

率直に言って、移籍の可能性が高いと想像していました。明らかな強みを持つ選手だけに
彼を必要とするチームは他にもあるはず。それでも、大宮に残る事を決めた(実は複数年
だったかもしれないけど)。昨年以上にコンディションを整え、自らの武器を磨き上げる事。
後は、昨年の早十の様に必要な時機に自らの力をしっかりとアピール出来るか否か。
規郎の覚悟に注目ですね。

NewOrder26村上

村上和弘(No.26)

極めて専門性の高いサイドバックというポジションを務める選手としては、カムさんの持つ
プレイヤーとしての多様性や幅の広さは異色であり、すなわち長所だと感じる。
本来要求される直線的な動きよりも、柔軟な動きで中盤をサポートする。特に、利き足とは
逆の左サイドでのプレイの際は、両足の技術と右利き特有のピッチ中央へと向かう視野を
活かし、ビルドアップやスライドでの貢献は高い。また、攻勢時での迫力のある攻撃参加は
頼もしく、ゲーム終盤に痺れる様な大仕事を果たす事も多い。
強靭な足腰から繰り出されるキック、球際での執着心やハードワーク等、そして、川口能活
の鼓膜とマイクを破壊せんばかりの大声。
最終ラインを支えるパワフルな姿には今季も期待したい。  

下平が加入し、左サイドバックのポジション争いは激化するだろう。最終ラインのバランスを
考えると、カムさんが右サイドに移る事自体に何ら心配は無い。ただ、総合力を考えると、
下平をベンチに差し置いてそのまま収まる可能性も十分だと思う。

夏場、キャプテンマークを左腕に巻き、悔しそうにメインスタンドを見上げるカムさんの表情
が心に残る。ホームでの神戸戦や広島戦等、カムさん自身の奮闘は強く伝わってきたが、
チームの結果は伴わず、苦しい季節を過ごした。今季はチームを先頭で引っ張る存在と
なるだろう。今季こそ、ホームでカムさんの笑顔が多く見られる事を期待しています。

NewOrder30渡部

渡部大輔(No.30)

「今年は飛躍の年になる」。昨春の颯爽とした姿に確信を抱いた。
サイドハーフとして定位置を確保。開幕戦のカシマスタジアムを縦横無尽に駆け、震災中断
明けの緒戦ではジョルジ・ワグネルを後一歩まで追い詰める。
しかし、シーズン前半の度々の決定機を逃し、川崎戦では絶好のチャンスで体勢を崩す。
苦し紛れに放った左足でのシュートが無情にも外れると、大きな波は過ぎ去った。
7月の3連敗を機にスタメンの座を失うと、レギュラーを奪い返したシーズン後半に右第五
中足骨を骨折。シーズンの残りを棒に振る。

怪我が癒えた今季、改めて捲土重来を期す。今年はディフェンス登録という事で本格的に
SBとして定着するのか。それとも、2列目のアタッカーとして不動のポジションを奪い取るか。
いずれの場合も、主力としての活躍を強く願う。

小回りが利くアクセル、バネのある跳躍、抜群の持久力。その身体能力の高さを考えると、
サイドバックでの起用は理に適う。小柄ながらも屈指のアスリート能力は魅力の一つ。
既に、サイドバックとしての動きには一定の適応を見せている。自陣でボールを受けた際の
選択肢を増やし、プレイ全体の緩急を身に付ける事は今後も課題となるが、前途を照らす
大きなポテンシャルが霞む事は無い。重心の低いドリブルと鋭い切り返しに磨きを掛けて
より多くのゴールに絡んで欲しい。
  
個人的には2列目でのプレイにも期待しています。スペースと時間が限定され、より厳しい
ポジションだと思いますが、素早いトランジションとアジリティで攻守に闘う姿が見たい。

大宮の未来を背負う選手です。今季はより高く飛び立ってくれると信じています!! 

NewOrder34片岡

片岡洋介(No.34)

笑劇の出戻りから早一年。再び、大宮の最終ラインに居場所を見出した。
昨季、前半戦こそ金鳥スタでの重馬場出走(それも、サイドハーフで相手選手をスクリーン
し続けるというニッチなお仕事)のみだったが、20節の仙台戦で出場機会を得ると、累積に
よる出場停止を受けた34節までの全試合でレギュラーとしての地位を固めた。

楔に対するチャレンジと二次対応。踏ん張りが利くハイボールへのディフェンス。
中盤でのプレイ経験を活かした持ち上がりの判断とフィードの能力も備え(いや、ホントに)、
現在のCB陣を見渡すと、その総合力には一日の長がある。欲を言えば、福岡戦(ホーム)
の様なゲーム展開こそ、誰よりも落ち着きのあるプレイを見せて欲しいけど、昨季終盤の
プレイを観ると、連携面でも起用し易い選手だと思う。

昨年のプレイには微かな変化も感じた。相変わらず強い。ただ、ラインの統率やマーカー
との駆け引き等、成熟を感じる局面も多かった。
京都への旅行も含めて、そのキャリアを見ると、洋介は大宮の顔に成るべき選手だと思う。
キャプテンは青木か片岡が良いな、と勝手に思っている。今年も頼りにしているぞ。



チームが上を目指す為には、最も改善が必要なポジションになるだろう。
より攻撃的に生まれ変わる可能性が高いが、それでもプライオリティは失点を抑える事。
ボールを繋いで相手の攻撃の時間を減らした上で、苦境を跳ね返す強さや速さを要する。
新生大宮を支える全ての選手に期待しています。

| 大宮アルディージャ | 23:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

2012/02/11 21:14に拍手コメントを下さった方へ

こんばんは。勿体無いお言葉ありがとうございます。
いくらアルディージャが好きだからといって、我ながら、良くこんな長文書くなあ
・・・と呆れています(苦笑)

ブログを書かれているんですねー。ご連絡ありがとうございます!
今後、楽しみに拝見させて頂きます。

| hisau | 2012/02/12 23:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/655-474068a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。