being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニューオーダー2012(GK)

新シーズンのメンバーに関するエントリも今回で最終回。今回はGKについて。
今シーズンのメンバー、インとアウトは以下の通り。

<メンバー> 北野、江角、慶記、川田(※二種登録)
<IN> なし
<OUT> なし

メンバー自体に変更は無し。昨年、GKコーチを務めた渡邉さんがASエルフェン狭山へ監督
として、派遣される事になりました。代わりに新潟より白井さんが復帰。これは嬉しい。

今季も北野が正GKとしてゴールマウスを守る事になるだろう。昨年は安定感のあるプレイで
度々チームを救った。今シーズンもビッグセーブで勝利を引き寄せてくれるだろう。 
経験豊かな江角はチーム全体を纏める存在としても巨大だ。昨年もカップ戦のみの出場に
留まったが、再び守護神の座を狙う。
北野と江角の壁は厚い。しかし、5年目を迎える慶記にとっても勝負の年になる。何としても
出場機会を得たいところ。開幕までのアピールに期待したいですね。

ゴールキーパーは本当に孤独だ。チーム内でピッチに立つ事が許されるのはただ一人。
序列が入れ替わる事は稀であり、交代出場の機会は望むべくも無い。
だからこそ、ピッチに立つ事が出来ないキーパーのモチベーションとチームへの帰属心は
チームにとって重要なポイントになる。
江角と慶記が控えるアルディージャは、その点で恵まれていると感じるし、ファンとしては
二人の存在が何よりも心強い。

それでは各選手について。



NewOrder1北野

北野貴之(No.1) 

シーズン終盤、北野のシュートストップが勝ち点を手繰り寄せた。
デスポトビッチとの1対1、レアンドロ・ドミンゲスのPKを止めたシーンは特に印象に残る。

最後まで足を動かし、ボールの軌道に対して身体の正面で壁を作る。
時に不恰好にも見える両手でのパンチングも含めて、基本に忠実なセービングが安定感の
あるプレイスタイルを支える。派手なダイビングや鋭い飛び出しで間一髪の守備を見せる
シーンは少ない。そして、その点が北野の長所を表しているのだろう。

良いゴールキーパーはファインセーブをしない。そして、無謀な飛び出しをしない。
的確なポジショニングと勇気のあるステイで相手の焦りを誘う。今後も、「待つ」という真髄
を究めて欲しいですね。

課題となる攻撃の起点となるプレイについてですが、昨年はスローが増えた印象もあります。
見慣れただけなのか(笑)キックもやや飛距離を増したかなあと。チームの志向を考えると
簡単に相手ボールにする事だけは避けたいですね。

深夜、仕事から帰ってほっかものブログを見ると何故か更に疲れが増す事もありますがw
本当に好青年ですよね(全然褒めていない感じになっちゃったけど)。
余所見しているファンに自分から挨拶する選手って初めて見たぞ。超栗鼠ペクト。
今シーズンも迸る情熱を心に秘めて、冷静にゴールを守ってくれるだろう。頼むぞ北野。

NewOrder21江角

江角浩司(No.21) 

セカンドキーパーに降り注ぐ「悲しき天使」は、正GKのチャント以上の声量で捧げられる。
大宮を応援する者にとって、江角とはそういう存在だ。

昨シーズンもカップ戦での2ゲームの出場に留まる。あと1試合と迫っているJ1(リーグ)
100試合出場の記録は去年も達成される事は無かった。
今年も出場機会は限られるだろう。しかし、虎視眈々とその時を待ち、万全の準備を整える。
GKとしてはまだまだ錆び付く様な年齢では無いし、勿論本人もこのままベンチに甘んじる
気持ちは無いだろう。PKに対する圧倒的な強さや、長身を生かしたハイボールの処理を
ストロングポイントに今季こそ守護神奪回を狙う。

冨田や主税を筆頭に、苦しい時を共に過ごした戦友の多くはチームを離れた。
しかし、現在の江角の周りにはチームの小宇宙が形作られた。
味方のゴールに誰よりも早くベンチを飛び出し、試合後には全選手に労いの握手を求めて
回る。主税が移籍した今、江角は大宮の魂と呼ぶに相応しい。昨季のホーム磐田戦、江角
へ向けた揺りかごパフォーマンスの際に溢れた選手達の笑顔が、チーム内での彼の立ち
位置を知らしめる。

今オフ、契約更新のリリースを見て、思わず拳を握り締めた唯一の選手が江角だった。
大きな感謝と共に、今シーズンもその背中に声援を送り続けたい。

NewOrder31慶記

清水慶記(No.31) 

今シーズンで大卒5年目のシーズンを迎える。高卒ではあるが、プロ入り後8年間出場機会
が無かった荒谷や浦和の加藤順大の様なケースもあるだけに、辛抱強く技術を磨き、何とか
出場機会を得たいところですね。

1対1でのシュートブロックに絶対的な自信を持ち、足元の技術も確かで、正確なフィードで
攻撃の起点になる。キーパーとしては小柄ですが、機敏で身軽なスタイルこそがライバル
との差になるだろう。自らの特長を活かして、ポジション争いに波を起こす事を期待する。

昨年は母校流経大との練習試合で終了間際に見せたビッグセーブがハイライトだったか。
今年はサテライトリーグが復活するという報道もあるので、まずはトップレベルでの試合勘
を養い、監督・コーチ陣へ猛アピールして欲しいですね。個人的にも、今季は出来るだけ
長い時間、慶記のプレイを観たいと思っています。

川田修平(No.35) ※二種登録。画像は無し。

1994年4月5日生まれ。
「カートコバーンが自殺したらしい」。サークルの新歓ライブの会場で、先輩からその衝撃
的な報せを聞いた瞬間を、昨日の事の様に覚えている。
って、あの日に生まれた子が185cmとか・・・何だか色々と嫌になってきたw

川田君のプレイはまだ見た事が無いんだよなー。練習等で観る機会が出来れば良いなと。



えー、4回に掛けて垂れ流してきたエントリも今回で終わりです。やっと終わったー(苦笑)
また大学生に負けたのはさておきw宮崎キャンプのレポート等を読むと、日に日に期待が
高まりますねー。
開幕まで後1ヶ月。今シーズンこそ絶対に上に行くぞ!希望と共に勝負の時を待ちます。

| 大宮アルディージャ | 23:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

4回に渡るエントリお疲れ様でした。

カート・コバーンが亡くなった日に生まれた子がもう18歳になるんですね。
娘のフランシス・ビーンちゃんが結婚してるって知った時も驚きましたけど(笑

慶記は今年こそ勝負の年かなと思いますね。
というのも、川田くんは本当に素晴らしい素材だからです。
キックは既にトップの誰よりも良いかも(苦笑

サテライトが再開されるならGK4人体制もありですが、
そうでない場合はどうしても余剰がちになりますからね。
とか何とか言って工藤くんもトップ昇格させなかったみたいですし
話半分に捉えていただけると幸いです。

| スーザン | 2012/02/15 00:07 | URL |

スーザンさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
カートの娘さん、既に結婚してるんですかあ。そりゃあ、歳も取りますよね(笑)

>キックは既にトップの誰よりも良いかも(苦笑
それは是非見てみたいっす。ありえるかもなあ・・・と想像出来てしまうのが何とも
悲しいところです(笑)

そういえば、工藤君は明治みたいですねえ。
栃木の練習に参加しているという噂があった柿沼君も加入はならなかったですし、
ちょっと寂しいです。
下部組織はクラブの宝ですし、引き続き大山君等の成長にも注目したいですね。

| hisau | 2012/02/15 23:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/657-3259cffc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。