being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナビスコカップ 第1節 VS横浜F・マリノス(NACK5スタジアム大宮)

2012032002.jpg

カップ戦のグループリーグ第1節。土曜日のリーグ戦から中2日という日程もあり、スタメン
には注目でしたが、両チーム共にリーグ戦から大きく入れ替える事は無かった。

大宮は東をベンチからも外し、2列目の真ん中に金久保を起用。最終ラインは右SBに渡部、
センターバックに深谷が入った事が変更点。
スタジアムに向かう途中、開幕戦には来られず、今年初めてNACKでのゲームを見る妻に、
「カルリーニョスは本当に凄いから、見られると良いけどなー」などと話していたのですが、
いざスタメンに大きな入れ替えが無いと、康太が見られないという寂しさも・・・。
まあ、層が厚くなりましたねってのと、ファンの希望なんてどれだけ無責任で浅薄なものか
って事ですね。でも、まだまだチャンスはあるからね。一層、康太の意地に期待したい。

〔大宮公式〕試合結果:ヤマザキナビスコカップ 第1節 横浜FM戦

2012032009.jpg

コイントスで勝ったマリノスがサイドの入れ替えを選択。前半、大宮はホームのゴール裏へ
向かって攻める事に。

序盤、大宮は相手ボールに高い位置からアプローチを仕掛け、主導権を握る。
金久保が栗原へ寄せると、カルリーニョスがハーフラインを超えて、谷口の背後に付く。
サイドバックや中盤から出る縦パスを網に掛けると、ボールを動かして相手を下げさせる。
マリノスはトランジションが鈍く、一見してパスコースが狭い。大宮は個々の寄せも十分で
次々と相手ボールを回収する。

2012032003.jpg

積極的なプレッシャーが奏功した一因は相手の攻撃の狙いにある。
マリノスは、低い位置でボールを持つ際に、基本的に俊輔と狩野がサイドに開いて待つ。
恐らく、攻撃の最終局面でバイタルを使用する為に、半ば意図的にバイタルを空けたまま
ビルドアップを進めていたのだと思うが、横浜の最終ラインがボールを回している限りは
青木の周辺は無風状態で、降りてくる斉藤以外にギャップを作られる要素は無い。
大剛と渡部の二人でサイドバックと2列目の縦の関係に蓋をして、そこに絡む谷口と兵藤
へのアングルはカルリーニョスや金久保が限定する。内のコースを切ってボールを下げ
させると、2列目(実質はカルリーニョスを含めて4人)が標的へと走る。
マリノスのサイドバックと中盤の動きは硬直しており、守備は嵌る。

ポゼッションでも優位に立つ。前からプレッシャーを掛けて来ない相手を尻目に、余裕を
持ってボールを運ぶ。特に俊輔が持ち場を離れがちな相手の右サイドをヨングォンと下平、
カルリーニョスのパス交換で切り開き、中央へ斜めの楔が入ると、逆サイドの大剛が絞って
ボールに絡み、渡部がサイドを駆け上がる。

2012032004.jpg

15分、カウンターから見事な先制点を挙げる。ピッチ中央で受けたカルリーニョスが右足で
左サイドへフィード。タッチライン際で受けたラファがクロスを送ると、順がゴール前で潰れ、
こぼれ球をボックスまで駆け上がったカルリーニョスがインサイドで射抜き、ゴール!!
背番号5が宙を舞い、ゴール裏に向けて拳を掲げる。スタンドに喜びが広がる。

失点から暫く経った後、マリノスは俊輔を中盤の底に移して、組み立てを再構築する。
厄介に見えたのは、兵藤の存在だった。右サイドを中心に間への顔出しを繰り返し、案の定
青木の脇やヨンチョルの裏へのボールの出し入れが増えた。
それでも青木に焦りは見られず、ヨングォンと深谷の出足にもそれ程迷いは見られない。

2012032005.jpg

正直、ワンボランチに近い状況(谷口の役割は何とも形容し難い。少なくとも「ボランチ」では
無い)で俊輔がボールを捌く形は非常に歪だ。中澤と栗原が距離を開いて、両サイドバック
がポジションを高めるシーンも増え始めた。カウンターを入れてくれ、と言わんばかりの展開。
自陣で受ける時間も増えるだろうが、相手を上手く引き込みながら戦えば、労せずして点差
を広げられるだろう・・・と思っていた。いや、未だに思っている(笑)

ポゼッションを与える時間は増えたが、マリノスの前線はボールが収まらず、青木が最終
ラインとの連携でボールを奪う。一度、良く分からない(分かりたくない)北野のパンチング
からピンチを迎えるが、深谷がクリア。
カルリーニョスのミドル。ヨンチョルのスルーパスからラファのシュート。センターサークル
付近からのラファのロングループ。手数を掛けずにゴールを狙う意識は続くが、欲を言えば、
カウンターからサイドバックを絡めた攻撃でよりチャンスを拡大したいところ。前半終了。

2012032006.jpg

ハーフタイムにマリノスは大黒と狩野を下げて、小野と松本怜を2トップに投入。斉藤が左
サイドへ下がる。
マリノスは2トップのムービングと兵藤のランニングで縦パスを引き出し、比嘉と斉藤が前傾
姿勢で備える。大剛と渡部は守備の時間が増えるが、マークの受け渡しやスペースのケア
に破綻は無い。バイタルが空くシーンは見られるが、カルリーニョスと青木のバランスは
悪くない。受け一辺倒では無く、ボール展開に応じて、チャレンジに出る。青木が底を離れて
サイドに飛び出す状況でも、ヨングォンと深谷はラインを高く保ち、急所を消す。

大宮はやや単発ながらもカウンターを中心にゴールを目指す。金久保やカルリーニョスの
切り替えは鋭く、カウンターの際にゴール前に入る人数も揃う。また、展開に応じて下平や
カルリーニョスが逆サイドを見ることで、ペースを落ち着け、ボールを回す。
後は、カウンター時の落ち着きとポゼッションによるペース配分、そして、ここぞという時に
チーム全体で攻撃をスピードアップさせる事が出来るかどうか。

2012032007.jpg

70分過ぎ、自陣から大剛が絶妙のフィードを送ると、前線でヨンチョルが相手ディフェンスを
振り切り、キーパーと1対1。時間や態勢には余裕があったが、放ったシュートはクロスバー
を大きく超える。展開を考えると、最大のターニングポイントだった。

攻撃の勢いが衰え、ボールの奪い所が曖昧な状況下、78分に慎と長谷川を投入。ラファと
ヨンチョルを下げる。カルリーニョスを一列上げ、慎が中盤の底に入る。運動量を上げて、
攻守の出足を取り戻そうと試みる。しかし、84分に同点に追いつかれる。
自陣ゴールライン際からの大剛のクリアが短く、斉藤にカットされると、クロス性のボールが
そのままバーの角(と北野の後頭部)を叩き、ゴールイン。呆気無い同点弾に大宮サポの
溜息が漏れる。

2012032008.jpg

終わってみれば、1対1のドロー。逃げ切りに失敗したという印象は無く、追加点が奪えなか
った点が全て。もう1点、俊輔が中盤の底に下りた後の守備に不満は残る。全体でボールを
奪うアクションを取り、守備面で主導権を握る事が出来れば、楽な展開に持ち込めたと思う。



〔雑感〕
2012032012.jpg

・自らが組み立て、自らが仕上げる。ゴールに至る流れやスピード感は凄まじかった。
この日は青木との関係もまずまず。相手の問題もあるし、青木自身の慣れや割り切りもあると思うけどね。
縦のコースを切りながら、ジリジリとホルダーへの接近戦を挑むポジショニングは攻撃面でのトランジションを
考えると、チームの武器に成り得る。後は、相手のトップと2列目がバイタルで起点を作るために人海戦術を
選択した時に、どの様にカバーするかですね。

2012032010.jpg

・下平はトラップとワンタッチの技術が非常に高く、それだけで十分に「早さ」を演出する。
肉体的な持久力に加えて、終盤の一つ一つのプレイ精度で、頭脳のスタミナも感じさせる。

・この日最も唸ったシーンは、ヨンチョルの長めのバックパスを下平がそのままヨンチョルへ
ワンタッチでリターンした場面(55分~60分くらいだったかな)。
ヨンチョルは対面のディフェンスにカットインのコースを切られ、外に逃げるか、一旦味方に預けて、相手を
剥がすべき状況。そこで、ボールを預かった下平が選んだのは、すかさずヨンチョルにボールを戻すという
プレイ。狙いは、ヨンチョルの右足側(ピッチ中央側)にボールを返し、ヨンチョルの体の向きを変えさせると
いうその一点のみ。ヨンチョルはディフェンスの足が届かない所にボールを置く事が出来、ドリブルを開始。
局面を動かし、ヨンチョルを生き返らせる一本のパス。味方に次のプレイを指示する明確なメッセージ。
操るとはどういう事かを思い知らされるシーンだった。このレベルとスピード感の中で、あの判断と精度・・・。
アレを観る事が出来るのであれば、金を払いますよ。


2012032011.jpg

・順は待望のスタメン起用!ゴールこそならなかったが、高い意欲で攻撃を活性化。
ボールを受ける為に次々とスペースを突き、トランジションに神経を研ぎ澄ます。カルリーニョスの先制弾を
導いたゴール前への入りは素晴らしかった。欲を言えば、自身のシュートを増やしたかった。
あ、猛然と谷口にタックルを仕掛ける場面にニヤリ。やられっぱなしでは終わらない執念深い男だ。


2012032013.jpg

・昨年後半の骨折から遂に復帰を果たした渡部。相変わらず積極的なスプリントは光る。
特に前半は頻繁に攻撃に絡み、前線に厚みをつけた。後半は斉藤とのマッチアップに見応えがあり、粘り強い
守備を見て、完全復活を喜ぶ。やはり、渡部のプレイはポジティブでワクワクしますね。ただ、ディフェンダー
としては後半に見られたイージーなミスパスは避けて欲しいところ。


・渡部の前半のシュートミスやクロスの精度に文句ばかり言ってる奴とは、絶対に話が通じ
ない。そういう輩はコシールニーやジュルーのサイドバックでも見て、鉄壁の守備に満足
するのがベターだと思う。そもそも攻撃に絡めないサイドバックならば文句も無いだろうし。

・開幕から2ゲーム出場機会が無かった深谷が先発。コンディションは悪くなさそうでしたね。
高い集中でエアバトルに挑み、不得手な繋ぎにもチャレンジを感じる。ポジション争いの激化を求む。

・ヨングォンは積極的な判断で相手のパスワークやポストを寸断。局地戦では体を張った
守りも多く見られましたね。
今季、集中を欠いたり、軽いプレイを見せたりする隙は減ってきた。元々のポテンシャルを考えると、最低限
現在の調子を維持して欲しい。このままセンターバックとして固定され、チームの中心としての信頼を与える
事で、彼自身のリーダーシップが伸びる事が楽しみ。

 
・「20分か25分くらいというものは、指導者としてトップチームの監督経験の中で、これほど
残念で寂しい時間はなかった。」と語る樋口さん。いや、ホント敵ながら心配になりましたよ。
まあ、全く余計な心配で終わりましたが。後は大悟のボランチで乗り切るしかないっすね。
って、既に俊輔がボランチみたいなものだったし、もしかしたらもう始まっているのか。

・ずんぐりむっくりだけど、斉藤はキレがある動き。前を向かれると怖かった。

・今のマリノスでは余り活かされていないけど、相変わらず小野のプレイは面白い。

・ヤバいぞ・・・しかしそこは小林祐三。という場面が2、3度あり。

・終盤、谷口を前線に上げ、更に富澤を入れて、栗原を前線に上げる超パワープレイ。
どさくさに紛れて35分間で下げられた松本怜が何気に心配。

・後半頭から同じチャントをひたすら歌い続けるマリノスサポ。歌詞は分からんけど、気持ち
は何となく分かる。

・比嘉のトラップミスに異常に盛り上がる。

2012032001.jpg

・姐さん、流石に小学生はあきまへんって。



カップ戦初戦という事も併せて考えると、この引き分けは非常に痛い。そして、またしても
ホームで勝てなかった事が何よりも悔しい。
ただ、特に前半はボールの動かし方や守備時の出足や中盤の重心等、見所は多かった。
相手の不出来を差し引いても面白いゲームでした。渡部や深谷の健闘も心強い。後は、
今後の戦いでこのゲームの教訓を生かせるかどうか。今は期待が上回る。

| 大宮アルディージャ | 21:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。奥様のカルさん(これもし使いたければどうぞ~)評が気になりますね。

大輔の例えでは一つ異論がありますよ(笑)ジュルーは守備ですら全くもって使えません。ウォルコットとジュルーのインテリジェンスの欠片も無い右サイドであれば、下平、ヨンチョルで十分崩せます。ヴェンゲルは自信満々でビッグマッチに起用しますけど。

あ、もちろん話が通じないのは自分も一緒です。

北野のパンチングはあの瞬間眩しかったんですよ・・・きっと。冗談はさておき、春~夏にかけて16:00スタートが多く、陽射しのことを考えると、ピッチ選択が結構重要になりそうです。

今のチームが仙台相手にどこまでできるのか、非常に楽しみな自分です。







| ライトアップ | 2012/03/23 00:08 | URL |

ライトアップさん

奥様はカルさんを見て、レベルの違いを感じていたっぽいですね。
とは言っても、子供の世話で席を離れる事も多く、得点シーンを含めて、カルさんのプレイを
余り見る事が出来ていない感じです。
んで、久々に席に戻ってきたと思ったら、直後に北野のヘディングシュートが決まるという(笑)

実は、ジュルーのサイドバックは20~30分しか見た事が無いです(苦笑)
あと「鉄壁」ってのも割りとテキトーに書きました(笑) そんな酷いのか、ジュルー。
ならば、尚更の事、大輔の悪い部分にしか目が行かない様な人にはひたすらジュルーを
見ていて欲しいですわ(笑)

北野のパンチングの後でプレイが切れた際、ラファがしきりに北野を大声で呼んで、キャッチの
手振りをしていたのが忘れられません(笑)
フォワードが50mほど離れたキーパーを励ますシーンは、余り見たくないなーと。

仙台戦は相当面白いゲームになりそうですよね。天候にも左右されそうですが、中盤を飛ばさずに
真っ向勝負を挑むのか、興味がありますね。とりあえず、洋介を帯同させて欲しいっす。

| hisau | 2012/03/23 00:50 | URL |

hisauさんおひさしぶりです(^o^)/やっぱりhisauさんのブログは私の思うこととぴったり一致してて嬉しくなりますo(^o^)o
直樹がいない今期は背番号を決めかねてますが、下平に軍配が上がりそうです。彼のガンバ仕込みの巧さは本物かな…と(^-^)b

今年もアルディ&ミーヤの写真もいっぱい楽しみにしてます♪

| ミーヤの友 | 2012/03/23 12:46 | URL |

ミーヤの友さん

お久しぶりです。コメントありがとうございます!
下平良いですよねー。スタジアムで観ると、その凄さが一層分かりました。
顔だけじゃなくて、プレイも男前やなあと(笑)

勿論、今年もアルディ&ミーヤを追いかけますよー。
公式HPがリニューアルされ、アルディの写真も増えてきた様な気がします。
私も負けないように(笑)頑張ります!

| hisau | 2012/03/24 09:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/665-5dfa4479

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。