being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第20節 VSコンサドーレ札幌(札幌厚別公園競技場) 

今日の勝利は大きい。色々な意味でスタートラインに立つ事が出来る。
自らのチームスタイルに縛られず、目の前の相手との戦いを選択した事。
クレメンの獲得の意味を見出せそうな事。
見栄えは良くなかったが、ハッキリと準備の跡が見えた闘い方でした。

〔大宮公式〕J1第20節 コンサドーレ札幌戦の試合結果

2トップはデニスとクレメンでしたね。
俺もこの時点で「ようやく、繋ぎを捨てるのか」と覚悟を決める。
強風の中、立ち上がりから大宮DFは迷わず縦へロングボールを蹴りこみ、
相手のプレスに取り合わない姿勢を見せる。
「これで良いんだよ」とほくそ笑んでいたら、前半2分あっさりと先制される・・・。
右サイドの藤田が上げたクロスからの流れから、中央のアンデルソンを
レアンドロが押し倒してPK。江角は反応出来ていたが、コースが厳しすぎた。

札幌にとっては願ってもない展開だったが、
まだ試合が落ち着いていなかった事は幸いだった。
前半9分、札幌は右サイドからのクロス(寄せが甘い!)をアンデルソンが
ヘディング。「やられた」と思ったが判定はオフサイド(TVだと分からず)。
大宮はその後のリスタートを早く繋ぎ、デニスが右サイドからクロス。
ファーに居たクレメンがDFと競り合いながら左足でゴール!!

前半15分くらいには試合が落ち着き、試合の様相が見えてくる。
中盤でのファールが多く、試合の流れは切れがち。
そんな中、単発だが大宮はチャンスをつくるものの勝ち越せない。
20分、CKからレアンドロのヘッドはGK佐藤の正面。
29分、主税が粘り強いドリブルでバイタルに侵入し、こぼれたボールを
大悟が左足でシュートするも、佐藤にはじかれる。

後半開始直後、大悟のFKは惜しくも右サイドネット。
セットプレー以外でピンチらしいピンチは無かったが、そろそろ嫌な雰囲気。
そんな後半4分、デニスのPKで勝ち越し!!
一旦佐藤に止められたが、運良くデニスの目の前にボールが転がってきた。
また、PKに繋がるまでのパスワークは良かった。
佐伯の楔をクレメンが波戸さんへはたく。波戸さんは低い弾道でDF裏へ出すと
主税の裏へ走りこんだデニスへと繋がり、結果PKに。
全てダイレクトで繋がった事がポイントだったと思う。

後半15分の大悟の決定機や、23分のデニスのミドル(相手GKのファインセーブ)も
決まらず、ジリジリとした展開が続く。課題であるセットプレーの守備で、またもや
信じられない対応で大ピンチ(ドフリーの箕輪がヘッド)を迎えるが何とか凌ぐ。
札幌は交代で投入した西嶋のオーバーラップと石井の積極的な動きもあり、
攻めの厚みが少し出てくるが、大宮もマサを右サイド!?に投入するなどして
何とか凌ぎ切り、5試合ぶりの勝利!!

【アクションの再定義】
試合序盤から、お互いのロングボールにより中盤にはスペースが広がる。
連動したプレスは掛けづらい為、個人での局面が目立つ展開に。
これ自体は大宮にとって悪い展開では無かったと思う。
結果的にクレメン・デニスの質を見せる事が出来たと思う。
デニス・クレメンの2トップに関して、懸念していた前線の守備についても
大きな問題は無し。札幌DFが全く繋いでこないという事が全てだったが、
それを見越しての起用だと解釈すれば、大当たり。
また、クレメン等が相手のDFラインを釣り出し、
その裏のスペースを大悟・主税・佐伯まで!が使う攻撃は狙いだったか。

ロングボールの蹴り合いでスペースを作り、
結果としてパスワークが出来る状況にも繋がった。
準備された現実的な闘い方は、札幌との差を積極的に作り出した
立派な「アクション」だったと思う。
狭義の「アクション」から一歩踏み出すキッカケになれば良いんだけどな。

【守備時の慶行の高さ】
上記の通り、スペースが多くチームとしてプレスの掛けどころが
難しい試合だった。しかし、クライトンが後ろ向きでボールを受けた時に
慶行や佐伯が高い位置でも背後につき、前を向かせないような対応を見せていた。
札幌の前線が残っていないという事の表れだし、カウンターの回避にも繋がった。
このようなシーンが繰り返される度に「これはイケるかも」と思った。

【雑感】
・勝利の日は反省から。セットプレーの守備はヤバ過ぎ。
さすがに脳の血管が切れるかと思ったよ・・・。もうちょっと「人」についてみない?
・リード後の展開は不満。カウンターを更に作らないとイカン。
・クレメン、ようやくオンサイドの初ゴール!!
彼のボールの収まりの良さは今後のシンカの材料にしないとな。
・クレメン、セットプレーの「守備」で効いていたなあ。
・マサの右サイド投入?は驚きの采配。西嶋を見る事とセカンドボールを繋いで
サイドが上がる時間をつくる事が狙いだったのかな。
・クレメンのゴールシーン。中央で競り合っていたレアンドロには苦笑。
PK献上の復讐とばかりに、ファールを欲しがる露骨な倒れ方。あれはイカン。
・桜井様。出場はお預けですが、復帰おめでとうございます!
・波戸さん、ピッチに入るときに足を挫くって・・・。
・アンデルソンのヘディングは完全にやられたと思いました。
TVでは全く判断出来なかったけど、微妙だったな。
・主審の松尾さん。流れ切り過ぎ。少し神経質な笛だった。

当然の事ながら課題も多い試合でした。
ただ現実的な準備をしていたという事には安心しました。
1試合1試合、全力で相手との差を縮めたり、広げたりしない事には
スタイルどころの話じゃない。
その積み重ねが結果的にスタイルとなる。その逆は無いと思う。
まずは残留争いを闘う抜く態勢を整えていこう。

| 大宮アルディージャ | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ホントに勝てて良かったです。

単純にでも、やはり縦にボールが入ると展開がかなり変わってきます。
セカンドボールを拾うにしても、奪い返しに行くにしても、
必然的にポイントが高くなるので、上手く試合を進められたと思います。

結局、今のサッカーは中盤でしっかり戦うこと、セカンドボールを拾うこと、
高い位置で奪って速い攻撃を仕掛けること、が全てと考えて間違えなさそうです。
私が考えたマイナーチェンジ説は、何だか怪しい説になりつつあります(苦笑)

今日のデニス・クレメンの2トップは判断が難しいところかと個人的には思います。
アシストもゴールも素晴らしかったですけどね。
前半のデニスの消えっぷりは今後上手く調整して解消してもらいたい点です。
単純にクレメンに当てて箕輪に潰されるシーンが散見されました。

今年のセットプレーの守りはCKはマンツーマン、FKはゾーンみたいですね。
マンツーマンでファーが毎回フリーになるのは困ったものです・・・。

とにかく改善点があり、そこをしっかり取り組んだことは評価したいですね。
縦にシンプルな繋ぎをして中盤を優位にしたのは、川崎戦の後半以来かと思います。
あの試合とは全然違う不器用な感じでしたけど、とにかく今は結果が欲しい時ですしね。

| スーザン | 2008/08/10 00:10 | URL |

スーザンさん

コメントありがとうございます。

とにかく勝ち点が必要な試合でしたね。まずは良しとしましょう。
この試合は別として、スーザンさんの「マイナーチェンジ説」自体は
間違っていないと思うんですよね。
プレスを掛ける位置や時間帯などの使い分けは難しいので
選手にとっては迷いを生む事にもなっているんでしょうが。
それがすぐに出来るくらいならば、今頃強豪になっていますよね(笑)
クレメンを使って高い位置でキープする事や、中盤で繋ぐ事も含めて、
どうやって90分を闘うか。その為には「マイナーチェンジ」も進行形の
課題だと思っています。

| hisau | 2008/08/10 00:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/68-b8eba561

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。