being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第7節 VS浦和レッズ(NACK5スタジアム大宮)

s2012042113.jpg

試合終了後、ゴール裏に向かう選手達に笑顔が溢れ、幾つかの場所で抱擁が見える。
浦和とのさいたまダービーで今季ホーム初勝利!!スタジアムの雰囲気が心地良かった。
手放しで喜べない内容と、最高の結果。今、手に出来るものは、ひとまず手に入れた。
小さな呼吸を一つ入れて、更に高く飛び立つチームを見たい。

〔大宮公式〕試合結果:J1第7節 浦和レッズ戦

s2012042104.jpg

前半8分、ヨンチョルのゴールで趨勢が決まる。
「対ペトロビッチのサッカー」という点で考えると、前からプレスに行って、それが剥がされた
時が最も危ないだけに、ある程度自陣に引き込んで守る事が有効となる。勿論、佐藤寿人
という特別な存在は居ないだけに、一発でラインを壊される危険性は低い。しかし、意外に
新ペトロのサッカーは早くもある程度浸透している印象で、マルシオのシャドーも良さ気。
ハーフライン周辺迄で守備の人数を削られた挙句、バイタル付近のフリックやワンツーに
晒される様な状況だけは避けたい。

また、リトリート優先の守備組織も広島時代と変わらない印象。奪ったボールをゆっくりと
繋いでペースを握る事は十分に可能。自陣で繋ぐ分には永遠に繋げるんじゃないか・・・
という勘違いさえ頭を過ぎる。順が居た時の流経が天皇杯で見せたガンバ戦でのやり方
(最終ラインが低い位置でワイドに開き、相手の前線を拡散させる。敢えて中盤にスペース
を広げた上で、前線への楔やロングフィードで相手陣内での3対3や4対4を狙う)すら妄想。
いずれにしても、相手のリトリートに乗じて、自分達のペースでゲームを進められる点は
不調の大宮にとっては何よりも大きかった。

s2012042108.jpg

先制点を得た事でより一層戦い方が明確になる。
マイボール時には、最終ラインでボールを回しながら、坪井の脇のスペースを執拗に東が
狙い、ヨンチョルが突く。そのタイミングでボールが出ると攻撃のスピードを上がる。
そして、守備に移る際にはトランジションの意識を高めて、相手のカウンターの芽を摘む。
カルさんがマルシオに目を光らせて、バイタルから追い払う。大剛とツボが梅崎と槙野の
スライドを封じ込める。組織に綻びは無い。

さしたる予感も無く、再び3バックの脇のスペースに抜け出したヨンチョルのクロスをラファが
頭で叩き込み、追加点。拳を握り締めてリンダリンダを唄うが、意外にも頭は冷静だった。
メチャメチャ嬉しいけれど、「まだ2点」という感覚もある。
その直後のカウンターでヨンチョルがGKとの1対1を止められ、無性に悔しい。アレは決めて
欲しい。「2点リードが最も危ない」という様な感覚では無く、とにかく3点目、4点目を望む。

s2012042105.jpg

引いて構える相手に合わせてボールを回す事に終始し、アクションを見失う事は避けたい。
こういう展開では、自らリズムを失う事もありますからね。チーム全体で緩急を付け、行ける
時にはキッチリとフィニッシュに繋げる展開が理想的。30分を過ぎても攻守のバランスは
良く、この戦いを続けられれば・・・と願う。

相手にボールを持たせる時間が増え、ボールの奪い所は明確でカウンターの気配も漂う。
両サイドで数的同数を作り、中央にボールを戻させた直後にラインを上げて、相手の前線が
引いて受けるスペースを消す。シャドーへの楔を網に掛け、カルさんや青木を軸に、奪った
後のボールの動かし方にも落ち着きがある。
これならば、ある程度相手を自陣に引き込みながら、ラファと東、ヨンチョルの3人で2~3点
を狙える展開かと(掌を広げるマニータのポーズも準備万端だったのに)。
前半、冷や汗を掻いたのは梅崎のボレーの場面位だったか。2点リードのまま前半終了。

s2012042106.jpg

ハーフタイムに浦和は鈴木を下げ、原口がピッチに送り出される。柏木が中盤の底に下がり、
原口は2列目へと入る。浦和が前傾姿勢を強める。

結論から言えば、後半の大宮は下がり過ぎだったと思う。
柏木の持ち上がりや左サイドの人数の掛け方(浦和自身のノッキングにも繋がっていたが)
等を観ると、後半開始直後は一旦自陣の混乱を沈めるべき時間だった事は確か。
しかし、時間の経過に応じて、一枚ずつアプローチを上げる事も可能だったはず(特に東の
ポジションを下げてからの手立てが見られなかったのが残念)。

前半の守備を観た後なので、後半の守り方には不満が残った。
「絶対に勝ってくれ」という願いや祈りと共に、「これは拙いな・・・」という苛立ちや焦りを感じ
ながら後半の大半を過ごす事に。正直な所、「1点取られたら、そのまま2-1で勝てる状況
でなく、2-2まで行かれる展開だった」
と試合後にコメントした北野と似た感覚だった。

後ろに重心が掛かり過ぎ、カウンターに出る事は出来なかった。特にバイタルから外への
アプローチの段階で圧力が弱まり、前線に当てられる回数が増えた。また、サイドでフリー
の選手を作られて、クロスを簡単に上げられるシーンも目立つ(陣形自体がサイドを捨てて
でも中央を固めるという構えだった)。
セカンドを拾い、ボールを繋いで陣形を整える時間があれば、もう少し能動的にゲームを
進められたと思う。ちょっぴり歯痒い。

守備に重点を置いて戦うべき展開と相手だった点に異論は無いけど、その実はバランスを
欠いた拙い守り方だったと思います。ゴール前や裏のスペースを消すだけに留まり、多くの
決定機を作られ、セットプレイを与え続けた。そのセットプレイでは、ファーで相手が余ったり、
空中戦のこぼれをゴール前で打たれる等、危険なシーンが多かった。
北野のセーブや守備陣の奮闘で辛くも凌ぎ切りましたが、戦い方としては慎重というレベル
を過ぎてやや臆病だったかなと。サイドはまだしも、柏木や阿部へのアプローチの始点が
5mでも高ければ、相手のシャドーを消す方法やセカンドの奪取という点で違ったと思う。
・・・それもこれも、今の成績や順位が招いた部分が大きいと感じるので、今後に期待する
だけなんですけどね(何よりも、大宮の力はこんなモノでは無いと思っていますからね。
成績がアレなので、大声で言えないだけで(苦笑))

s2012042107.jpg

もう一点、別の角度から感じた事も。
後半開始5分後くらいから、東やラファがベンチに対してマークを確認し、その結果として、
東が下がり目で柏木からのパスコースを消す動きが増えた。勿論、ベンチの指示も出て
いたはずですが、ピッチ上の選手達が主体的に動いた場面にも見えた。 

結果としては、東のポジションを下げた判断が全体の守備のバランスを下げた原因だと思う。

ただ、一つ感じたのは、その様な判断に「間違い」は無いという事。
矛盾する様ですが、その結果が「下がり過ぎ」であろうが、ピッチ上の選手がどの様に感じ、
どの様に望むのかが重要であり、結局のところ、自分達がやり易い方法を取るべきだと思う。
そして、その分自らが責任を取り、汗を流して結果を奪い取るという事が出来れば、それが
「正解」なのだと思う。
個人的には、引き過ぎだと思いましたが、選手達が決断し、力を合わせる事が出来るので
あれば、その方法が最善だとも感じる。だから、東の「アクション」は頼もしく見えたし、今後
もその様な光景が多く見られるチームであって欲しい。

s2012042101.jpg

話をゲーム展開に戻すと、後半は防戦一方でしたね。特に75分位までは、いつやられても
おかしくはない印象。
北野のファインセーブやディフェンスラインの奮闘、青木とカルさんの粘り強い守備。
各選手が集中して体を張る姿に拍手を強め、声援を送る。周りでは、祈る様に目を瞑り、
手を叩く大宮サポの姿が目に入る。何とか勝たせてくれ。

潮目を感じたのは、デスポトビッチ投入と原口のイエロー辺りだったと記憶する。
苛立ちや焦りが全て消え去り、このまま行けるだろう・・・という感覚が訪れた頃に深谷が
タッチライン際に現れた。
アディショナル4分を経て、試合終了。拍手と歓声と共に、低迷するチームに光が差し込んだ。



【雑感】
s2012042102.jpg

・試合後、選手達の笑顔が見られて嬉しかった。個人的には、順が康太や慎に弄られて
いたシーンに最も喜びを感じました。

s2012042114.jpg

・決して簡単では無かった局面を打開したヨンチョルの個人技。得意のゾーンで見せた
大仕事がチームを勇気付けてくれましたね。前半は、東のランを加勢に積極的な仕掛けが
目立ちました。終盤の強引に捻り出したループシュートの場面にも沸く。

・早くも金髪を刈り落としたラファ。ゴール前でのチャンスは少なく、中盤の組み立てに絡む
プレイでも本調子とは言い難い状態でしたが、当然の様に浦和戦ではゴールを決める。
ラファはダービーで6試合連続ゴールとの事。リーグの相手が浦和だけだったらメッシ並み
のゴール数を挙げるのは確実だな。

・浦和さんは、ラファにゴールを決めさせる事に掛けては天下一品です。

s2012042115.jpg

・「東が入ると違う」ってのを改めて実感。

・マルシオをマークしつつ、これまでよりは低い位置でボールを散らすカルさん。プレイの
エリアは狭まり、躍動感は割り引きだったけど、バランスを見た動きがこのゲームに適う。

・北野はポポや阿部のシュートをファインセーブで食い止める活躍。「ああ、北野様様だなあ
・・・」と余韻に浸りながら家に帰ったら、丁度Jリーグタイムを見ていた妻が「何であのハイ
ボールをキャッチ出来ないの」とか呟いてやがる。ワシの気分が台無しや。

・終盤のクロスの雨を弾き返し、前線への楔を前で食い止める菊地。強い粘り腰だった。

s2012042110.jpg

・ヨングォンは影のMVP。楔のリターンやフリックへの対応が抜群で、引いて受け切る事が
出来たのも、ヨングォンの存在があればこそ。それにしても、ヨングォン燃えてたなあ。 

・柏木に因縁を付けつつ、何気に時間稼ぎする下平。関西の兄ちゃん風情がええ感じ。

・ヨンチョルの先制点って大剛のパスだったよね? 流石と言いたいけど、やっぱり謎の
ポジショニングだわ。その瞬間の中盤の構成が思い出せん。今度、録画で見てみようっと。

・ツボのサイドバック。またも、浦和戦でのキーマンになりましたね。チーム状態が良かった
前半は繋ぎで結構アレな場面もありましたが(笑)、苦境に陥ってからは頼もしいってのが、
何ともツボらしかったり。

・深谷投入でツボと下平をボールサイドに応じてスライドさせる5バックへ移行。まだ4月
なのにそういう事しちゃいますか。あの展開であの時間まで行けば、大賛成ですけれども。

・去年の金鳥スタでのセレッソ戦とか、何故たまーにこういう料理を作って(作れて)しまう
のか、その気分を聞いてみたい。

・【速報】試合前の練習で大ちゃんが好クロスを連発。

・後半は単調な試合展開にジリジリ。やや退屈だったので、ドイツ前とドイツ後の槙野の
発言を思い出して、何とか落ち着きを取り戻す。

・ビルドアップからトップに当てた後の近距離でのコンビネーション等、早くも浦和はそれ
なりの形に到達しているっぽい。阿部、永田、柏木辺りの存在が大きいのかな。

・勝手に「ペトロのサッカーでポポは無いわ」と思っていたが、それなりに居場所はある感じ。  

・どうせだったらムジリが見たかった。どうせの意味が分からんけど。

選手への水掛け、選手バスの出口を封鎖とか、アウェイで何してはりますの。

・窮地のレッズ戦ほど頼りになる物は無い。ユーアーレッズ!!ユーアーレッズ!!

s2012042111.jpg

・このゲーフラを見るのはちょっとした楽しみ。最早有難い御札にしか見えない。

・7試合で勝ち点8、これで漸く残留ペース。浦和戦があと10試合くらいあれば残留が見える
んだけど。

・ここ数年にわたる「攻撃的なサッカー」を目指しているフリは、一種のハンデという事にして
みます?

・ステラタウン大好きです!!(行った事無いけど)

・早くも今季二度目の飯田淳平さんの登場です。こりゃあ、前代未聞の大宮寄りのジャッジ
が来るでーと思っていたら、至って普通で拍子抜け。あのー・・・もう一度やり直して貰って
も良いですかね?

s2012042112.jpg

・初めて見ましたが、乃木坂46さんは割りとリスっぽいルックスなんですね。



s2012042103.jpg

次節もホームゲームか。「背水の陣」で奪い取った結果をチームとしての自信に繋げる事
が出来るのか。ダービーで得た勢いをチームとしての力に変えて、一気に加速したい。

| 大宮アルディージャ | 21:05 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

前半はポロッと点が取れてしまって願ってもない展開でしたね。
後ろでゆったり繋いでいても相手が出てこない感じでしたし
もっと行けたという感触は確かにありましたよね。
後半については選手は割り切ってやっていたんだろうなという印象があり。
東が決定機を決めていれば、あそこまで引かされることはなかったでしょう。
月並みですが次に繋げていくには悪くない試合でした。

私事ですが来週は遅い新婚旅行に行くため札幌戦は欠席となります・・・。
一応向こうでサッカーも見てきます。

| スーザン | 2012/04/23 02:00 | URL |

お疲れ様でした。

Jリーグタイム、子供に予約を頼んだのに忘れて出掛けてしまい
奥様にお願いしました・・・すんません(ぺこ)
帰宅後、番組途中から見られましたが、
ご丁寧に大宮×浦和戦は冒頭だったようで(汗)

この試合は色々面白い事ありましたけど、

・ステラタウン大好きです!!(行った事無いけど)

これが一番ウケました(爆)
それと、リスゴミ箱の弾幕の下に「NTT OMIYA」らしい
タオマフ見えるんですけど、作ったのかなぁ。
つくづくご丁寧ですよね、あちらの人って。
ウチラに、まさかあちらの為に何か作ろうって頭はないですもん。

| アル子 | 2012/04/23 11:58 | URL | ≫ EDIT

04/22 23:14にコメントを下さった方へ

乃木坂さんはちょっとリスっぽいですが、踊りも上手く、お洒落で睫毛も長く、
可愛いですねー。ちょっと小賢しそうなところも良いかなあと(笑)

後半の守備は不細工だったかもしれませんが、今のチームにとっては重要な戦い方
だったかなとも思います。何よりも、結果がついてきたのが大きいですよね!

浦和戦とは違う意味で札幌戦も難しいゲームになると思います。
何とかホームでの連勝を果たして、波に乗りたいですね。

| hisau | 2012/04/23 23:12 | URL |

スーザンさん

後半はスカウティングを活かした守り方だったとは思うのですが、
ゴール前の人海戦術は紛れが起きる可能性もありますし、現にライン上でクリアする
場面も多かったので、意外にリスクが高いやり方なのかなーと見ていました。
まあ、今のチーム力や成績等を考えると仕方が無いとも思います。

言うまでも無く重要なのはこの次ですよね。札幌戦で連勝を果たしたいですね。

あ、旅行のお土産話楽しみにしていますよ!出来ればベインズの話が聞きたかったですが(笑)

| hisau | 2012/04/23 23:13 | URL |

アル子さん

Jリーグタイム、私も家に着いた瞬間にダービーの部分が終わりました。
そして、奥様から北野の評価だけ聞かされるという・・・(笑)

アル子さんはステラタウン行った事ありますよね?
とりあえず、大戸屋とスポーツ用品店があるらしいので、今度行ってみようと思います
(しょーもない理由)。

>それと、リスゴミ箱の弾幕の下に「NTT OMIYA」らしいタオマフ・・・
2.0の視力を持つ私が睨んで見た所、「ANTI OMIYA」っぽいです(笑)
そんなマフラーいつ使うねんと(笑)まあ、言うまでも無くこの日限定なんでしょうが。
いやはや凄いですね。何だかんだ言って、大宮の事が大好きで仕方が無いんでしょうねー。

| hisau | 2012/04/23 23:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/681-b34b7566

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。