being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第11節 VSサガン鳥栖(ベストアメニティスタジアム)

仕事の為、今日のナビスコ札幌戦を観に行くことは出来ませんでした。
ゲームは見ていないので何とも言い様が無いですが、結果は残念の一言です。
うーん、勝ち残る為には3連勝しか無いっすか(・・・って、毎年3節くらいでこんな状況に
追い込まれている気がするぞ)。

という訳で、ブツクサ言いながら書きそびれていた鳥栖戦のエントリを残しておきます。

アディショナルタイムに要警戒のロングスローから失点。
劣勢の時間が長かったゲーム内容を考えると勝ち点1には納得という見方も出来ますが、
それでもやはり、あの時間帯で追いつかれるのは悔し過ぎる・・・。
貧しい内容でも勝ち点3を奪う事が出来るのはサッカーの醍醐味なので(だからこそ大宮
は今もなおトップカテゴリーに居られるのかもしれない)、想像通りの苦戦を凌いだ上での
リードをしっかりと勝ち点3に繋げたかったというのが正直な気持ち。
今のチーム状況を考えると少しでも多くの勝ち点を拾っていくしか無いですからね。

〔大宮公式〕合結果:J1第11節 サガン鳥栖戦

今更ながら試合の感想をダラダラと羅列すると・・・。

鳥栖のゲームを集中して観るのは初めてでしたが、事前に想像していた通りの好チーム
でした。自らの武器を見極めた上で、意思統一を徹底し、労働力を一局に集中投下する。
鳥栖の攻撃は幅が狭く、多様性は無い。その一方で、十分な強度と錬度が備わっている。
例えば、右サイドバックがルックアップした際の前線の動きを見るだけで、その強さは理解
出来ました。形があり、迷いが無い。

客観的に見て、鳥栖のサッカーがどれだけJ1で通用するのか注目ですね。チームの色が
明確なだけに、二巡目の対戦が本当に楽しみ。

大宮側の視点で言えば、菊池、深谷の両CBが池田と野田に張り付かれる形が嫌でしたね。
早めのクロスやフィードの際に最終ラインの出足を食い止められると、クロスとは逆サイド
の2列目の選手に後方からバイタルを狙われ、まんまとセカンドを奪われる。大宮の守備陣
(特に青木と両SB)は慎重な対応を続けていたが、結果的には前半は防戦一方に。

そんな中でも、もう少し攻撃面で見せ場を作る事が出来れば、別の展開も有り得たと思い
ましたが・・・。
青木とカルさんが相手のプレスバックで抑えられ、攻撃陣は相手の2列目の裏でボールを
受ける事が出来ず。自陣でのビルドアップに苦慮。
戦前は、最終ラインへの圧力で出所の精度を削がれるかと予想しましたが、それ以上に、
高い位置で中盤が受ける形を先回りで潰されている印象でした。
また、カルさんが最終ラインの前を離れる状況(このゲームではパスミスが多かった)は、
標的とされており、切り替え直後に青木の周辺のスペースへの侵入を狙われていた。

大宮は前線にボールが入らず、攻撃に深さが無かった。
根本的な要因としては、セカンドを拾う為に全体が下がり気味だった点が挙げられる。
ただ、その様な展開の中でも効率良くボールを前に運び、シュートシーンを作り出す事が
最大の課題。特に前半は、ビルドアップの際に青木とカルさんの所で相手のプレッシャー
を外す工夫に欠けた印象。

一旦サイドにボールをつける事は出来ていただけに、その直後に3列目からの飛び出しで
最終ラインの間を突く方法はあった。東が良い動き出しを何度か見せていましたが、十分
に活きる事は出来ず。相手のラインを下げさせる為にも、ワンテンポ遅いタイミングでもう
一列後方から飛び出すシーンが増やせれば・・・という印象。中盤にとっては非常に難しい
ゲーム展開だったとは思いますが。

時折、最終ラインからボールを回収した青木に大剛が寄り、カルさんとのトライアングルで
時間と経路を作り出すシーンがあり。しかし、このゲームではそこから先のヨンチョルと
下平ラインへの展開で連携が合わないケースが多かった。我慢の時間帯では、唯一とも
言える攻撃パターンだっただけに悔やまれる。

ツボが離脱した為、右SBには洋介が。洋介のSBは見ているコチラの要求が明確な(且つ
限定されている)だけに、無駄なストレスが全く無い。良く考えたら役得な選手だ(笑)

鳥栖の運動量が落ちてからはボールが回り始め、ラファの投入で少ない好機を掴む。

ラファの絶妙なアシストと青木の冷静なシュートは見事。時間帯、試合展開等も相まって、
本当に素晴らしいゴールシーンでした。それだけに何としても逃げ切りたかったけど。

結果的に5バックは失敗。浦和戦、札幌戦でも失点のリスク自体は感じただけに、「遂に」
という方が的確か。まあ、本当に悔やむのはそれまでの時間帯(特に前半)なんだろうけど。

ロングスローの処理に関しては、飛び出したからには触らなければ・・・と思うけれど、それ
以上に大きなシュートストップもありましたからね。

それにしても、ダービー以降は完全に針を振り切った戦いを続けていますね。
このゲームでの守備(洋介の右SB起用や長谷川の先発とタスクも含めて)を見て、改めて
そのモードを実感している最中。
暫くは我慢の戦いが続くのかもしれませんが、その中でもチームとしての地力を発揮して
欲しいですね(このゲームでも後半の幾つかのシーンで見られた通り)。あと、この流れで
行くと、オリンピック中の試合はある意味最も見所が多い時期になるかも。

長谷川を活かすには中盤の動きに奥行きが無さ過ぎる。チョンスならばまだしも。

中盤の底で重量感を醸し出す青木。良いっす。一昨年の後半や昨年もそうでしたが、今年
も濃い時間を過ごしている。そして、その時間を与えられるだけのプレイを見せている。

仕事の為、生中継が見られず、帰宅後の深夜にはシティの劇的な優勝(とバートンの暴れ
っぷり)に大興奮。鳥栖戦の録画を観るのが遅くなってしまいました。
シティのゲームは99年のカンプノウの奇跡を思い出させるドラマティックな展開でした。
それでも、その後に見た何とも凡庸な鳥栖戦の方が頭に引っ掛かっているというのは
一人のサッカーファンとしてはどうなんだろうか(笑)
何かが間違っている気がしますが、まあ良いや。

| 大宮アルディージャ | 23:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは~。

洋介への愛情たっぷりのコメントに笑いました。確かに彼に関して、ストレス溜まりようがないです。善し悪しは別にして、京都の一年で成熟した感もありますしね。

最近は北野に関しても最近同じようなスタンスで観ることが多くなりました。横からのハイクロスの処理など、イラついても仕方ないなんて達観してますよ。

カルさん、青木と大剛が絡んでからの左の展開は、もう少し数を増やすか質を上げるか出来ていれば・・・とは自分も感じました。

川崎、磐田戦、最低でも一つは勝ちたいところですね。

| ライトアップ | 2012/05/18 01:44 | URL |

ライトアップさん

洋介のサッカー選手としてのポジショニングは素晴らしいですよね。
「京都の一年で成熟」って(笑) まあ、洋介だけでは無く、洋介のお陰で我々も成熟した
のかもしれませんけどね。
あと、何気に淳さんの洋介操縦術は絶妙ですよね。誰も褒めていないけど(苦笑)

北野へのスタンス・・・。擁護する訳ではなく、GKを見つめるスタンスって自然とそうなりますよね。
ブッフォンやカシジャスみたいな超人は別ですが、極論すれば、どうしようも無い事態に晒される
ポジですしね・・・って、やっぱり北野は別次元か(笑)

個人的には磐田戦よりも川崎戦で勝たないとって思っています。斜めからの意見ですが、
「ある程度の時間は」という但し書き付きで殴り合いでも良いかなと見ていますが、どうなりますか。
内容的にも興味深いゲームですね。

| hisau | 2012/05/19 00:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/686-59987636

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。