being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第13節 VSジュビロ磐田(ヤマハスタジアム)

4失点と言っても色々あると思います。早い時間帯に事故の様な失点を喫し、その後不運
なジャッジで退場者を出し、前掛りになったところを裏を突かれて、リードを広げられるとか。
いやいや、そんな甘い話ではありませんでした。録画を観てみると、前半だけでも4失点を
食らってもおかしくは無い惨敗。良く0-4で済んだなというのが正直なところです。
それにしても磐田の攻撃陣に躍動ぶりときたら・・・。

監督交代は勿論、渡部と深谷と康太とカルさんとヨンチョルとラファと長谷川と大剛は放出
して、取り敢えずNTTマネーで大補強するしかないですよ、こりゃ。

ハイ、それでは試合の感想です。

序盤、相手ボールを前から追い掛ける2トップの姿に違和感を覚えた。
スタメンには幾つかの変更が見られた。トゥーロンで不在の東に代わって長谷川がラファと
2トップを組み、中盤には康太がスタメン起用され、カルさんが右サイドに上がる。右サイド
バックには前節までツボの負傷後に続けて起用されていた洋介では無く、渡部が先発。
試合序盤、高い位置からプレッシャーを掛ける動きに少し意表を突かれましたが、長谷川
や康太の先発という時点で、この戦い方は既に織り込み済みだったのでしょう。

元々、現在のチームは、ゴールを守るよりもボールを奪う事を目指していると思う。しかし、
今季序盤の仙台戦やセレッソ戦等を経て、ここ数試合はある程度ラインを下げて自陣を
固めるという選択を行ってきた。以降、ホーム3連勝という一定の結果を出した点を考える
と、意外とも言える転換でした。磐田対策か、それとも自らに対するチャレンジか。

磐田対策という角度から見ると、道理は分かる。
磐田のストロングポイントは駒野のクロスに前田が中央で待ち構える形。更に付け加えると、
その対応で両CBがペナに押し込まれ、スペースが空いたバイタルでセカンドを拾われて、
二次攻撃に晒され続けるという展開は最も避けたいところ(結果的にはラファや長谷川が
自陣に戻って味方のクリアを強引に収めるという、正に最も避けたい展開でしたが)。
そう考えると、引いて二次攻撃を受け止めるのでは無く、クロスを上げられる前の状況で
潰すという目論見は自然。但し、実を伴っていない点が最大の問題であり、特に中盤より
後ろの守備は組織を欠いた。

CBがタッチライン際まで開きボールを散らす磐田のビルドアップに対して、2トップが標的を
失い、カルさんが誘き出される。青木と康太は長い距離を走って相手の中盤の底を牽制
するが、簡単に捌かれて徒労に終わる。
ボールをしっかりと収める前田の存在もあり(CBがついて出られないエリアに降りて、楔を
落とすプレイは秀逸)、アプローチに行くと中盤を飛ばされる二段構えの攻めに最終ライン
は翻弄される。付け焼刃的なプレッシング。中盤の戦況に応じた判断力。最終ラインの個の
守備力。いずれも相手に遠く及ばず、大きな差を見せ付けられた。

また、自陣での詰まらないミスで相手のプレッシングに屈するシーンが多発。最終ラインの
ロストの多さにも目を覆う。苦し紛れのクリアを拾われて、次々と飛び出す相手の2列目に
崩され続けましたね。
目立ったのは、最終ラインと青木、康太のビルドアップの拙さ。磐田の圧力を呼び込む結果
となり、ラファやヨンチョル、カルさんが自陣深くまで戻り、攻撃の始点が低く、狭まる事に。
あれだけリズムを掴めないようだと、中盤を飛ばして長いボールを使うしか無かったかも。

磐田は凄かったですね。特に山田、松浦、ペクの攻守における貢献は素晴らしい。
ボランチからのリターンを受け、一発で前を向くターンは至るエリア、状況で共有されており、
それだけでフィニッシュへの道筋が大きく開けていた。山田がボールを持った際のゴール前
の動き出しや、松浦のドリブルの切れ(深谷では止められない)は圧巻。前田との距離感を
意識してフィニッシュに絡むペクのポジショニングも厄介だった。
また、2列目の選手達にはプレスバックの早さ、1対1での粘り等、守備での貢献度の高さも
目立ちましたね。ボールを奪う守備が徹底されている印象。

話を大宮目線に戻す。
まず、守備に関してですが、やはり高い位置からのアプローチを磨いておくべきだと思う。
そもそも、フォアプレスに大きな問題を抱えているし、このゲームに関しては磐田式ビルド
アップに対する対応力は明らかに不足していた。
例えば、ヨンチョルを外して、カルさんのポジションを代える事で前からの守備を整備する
事は出来るが、鈴木監督がその座に居る限りは、戦術に従順な選手(そもそも従わせる事
は無いのですが)よりも個の力、技術を持つ選手を優先する事に変わりは無い。
ベンチで燻っている選手は力を身につけ、チームを変えたいと思う選手達はピッチ上で汗を
流すしか無い。それぞれの選手が何を選ぶのか。どこに向かうのか。目を凝らしていこう。

後は、最終ライン(勿論、北野を含めて)の足元に関する極めて繊細な問題とか、ラファが
サイドに流れた時に相手CBに警戒を与える為のバイタルでの仕掛けとか、サイドハーフが
間のスペースで受ける為の連携とか、殆ど全部やんけクソが!って、勿論そんな事はこれ
までに十分感じていた事だし、何とかならんかのーと願うのみですけど。

〔埼玉新聞〕J1大宮、連敗で指定席へ 磐田に0-4

反撃もできずなすすべなく惨敗し、失望とともに中断期間に入る。「一生懸命やった
結果だが非常に残念。サポーターも残念だと思う。次に向かってやれることをやりたい
」と指揮官。磐田まで応援に駆け付けたサポーターへの謝罪の言葉はなかった。

最後に。ハートに火を付ける記事を一つ。
何じゃこれ(笑)大宮のゲームと同じくらい酷いっす。「謝罪の言葉はなかった」って、どこから
目線なんだろう。きもいなあー。
サポーターに謝罪する位ならば黙って辞任する方が百倍マシ。そもそもサポに謝罪って(笑)
「ご希望の商品をお届けする事が出来ずに大変申し訳ありません」的な?ハイハイ。
お蔭様で余計なやる気が出てきました。ありがとう、埼玉新聞。

絶対に巻き返してくれよ。とりあえず選手達の奮起に期待しています。

| 大宮アルディージャ | 01:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

連れに言われたのですが、「面白くない」が
ここ最近(川崎戦以降)の私の口癖らしいです・・・。
暢気で楽観的なところがあるので
まあそのうち勝つでしょうくらいに思っていますが
分不相応な期待だけは多いにしているだけに、
監督交代のような話題は面白くない。
結果が出なければ仕方がないのは百も承知で面白くない。

淳さんのチームは得失点差がプラスになることは無さそうですね(苦笑
数試合に一度は大量失点というのは新潟の時もそうでしたし。
どちらにせよ、築いてきたスタイルはあるので継続性を求めたいですね。
監督が代わるにしても代わらないにしても。選手は奮起してほしい。

埼玉新聞の記事、私も昨日読んで唖然としました。
担当記者が代わったんですかね?
論調がここのところずっとこんな具合ですが。
「謝罪の言葉はなかった」というのは何ですかね?
「オレはこんな遠くまで来てやってるのに」っていう記者の私怨でしょうか?
「◯◯には××は無理!」やら「◯◯を鈴木が追い出した!」みたいな
しょうもない論旨と程度が変わりませんからね。これで銭が取れるのか。

| スーザン | 2012/05/28 22:12 | URL |

スーザンさん

監督が解任されましたね。これで「面白くない」状況から解放されると良いのですが(笑)
私も楽観的なので、この期に及んでも「選手達、何とか頑張ってくれよー」という
程度なのですが、流石にここまで来ると根が深いなあと思っちゃいますよね。

淳さんのサッカー、私は好きでしたけどね。
勝負師としての甘さもゆるーく共感してました(笑)

今となっては・・・ですが、埼玉新聞の記事にはビックリしましたよ。
「謝罪の言葉は無かった」って、所謂サポーター精神とは対極の所にある言葉だと
思うんですけど、この記者はスポーツを見る目自体がアレなのか、それとも今風の
消費者意識を代弁しているつもりなのか。まあ、どっちにしても低俗ですよね。
何か、夕刊フジでは無く(苦笑)埼玉新聞ってのは、ちょっと新鮮でしたが。

| hisau | 2012/05/29 21:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/690-a5030b34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。