being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤマザキナビスコカップ第4節 VS大分トリニータ プレビュー

〔大宮公式〕大分トリニータ戦前日レポート

〔J's GOAL〕【ヤマザキナビスコカップ 大宮 vs 大分】プレビュー:予選リーグ グループ
最下位の大宮が2位大分に喰らいつく。目指すは残り3戦全勝での決勝T進出 


今週から3週連続でナビスコの予選リーグが行われる。
3節終了時点でDグループの順位表は以下の通り。

順位  チーム  勝点  勝  分  負  得失差
 1   横浜FM   7     2   1   0    +5
 2    大分    4    1   1   1    +2
 3    新潟    2    0   2   1    -3
 4    大宮    2    0   2   1    -4

ナビスコ前節のマリノス戦では大きくメンバーを入れ替えて大敗。
リーグ戦(千葉・浦和)との連戦だった為、ある程度割り切った決断だったと思う。
また、監督・スタッフはリーグ中断後の3連戦の巻き返しで決勝T進出が可能だと
計算に入れていたはず。

大宮アルディージャ
吉原 デニス
藤本大悟
斉藤慶行
波戸村山
冨田レアンドロ
 江角 

大分トリニータ
ウェズレイ松橋
 金崎 
鈴木小林亮
根本エジミウソン
上本深谷
 藤田 
 下川 

エルゴラによると、樋口監督は森田や湘南との練習試合で得点を挙げた市川や
青木なども先発候補として挙げている。
内田や早十も怪我から回復しており、正直先発は読めない。
3-5-2の大分戦では両サイドへ早く散らすことが重要になるので、真ん中は慶行・
マサ・佐伯の中から組み合わせるのがベストかな。
個人的には早十や塚本なども見てみたいところだが、良くてベンチ入りまでかな。
(ところで、ペドロは本当に怪我なんか・・・)

大分はU-23代表の西川・森重がトゥーロン参加により欠場。
また、ホベルトも太もも痛で欠場。
いずれも中心的な選手の為、大宮にとっては大きい。
森重はリーグ戦(第5節)で失点に繋がるパスミスはあったものの、攻撃に直結する
フィードが出せ、体も張れる良い選手だと思った。戦術的に重要な役割を握っており、
ビルドアップ時には3バックのセンターを外れてサイドに張ったり中盤に上がったりと
自由を与えられていた。
代わりに入る藤田が同じ役割を与えられるかは微妙なので、大分のビルドアップは
ある程度固定化されるのでは。

以下、個人的な見どころ。
【守備面】
・セットプレーは要注意。深谷にやられるのはもう勘弁!
大分戦では中盤が膠着しがちなので、セットプレーやミドルで先制点を与えると、
札幌戦のような展開になる可能性が高い。
・森重不在により、エジミウソン、根本へのチェックに集中できる。
・鈴木へのフォアチェックの徹底。リーグ戦5節では鈴木に前を向かせる回数を
減らす事が出来ていた。

【攻撃面】
・セットプレー、ミドルなどを活かしたい。繰り返しになるが中盤の膠着は必至。
崩し切る事は難しい。とにかく先制し、ゲームを落ち着かせたい。
・DFラインからのビルドアップ。ウェズレイは守備での貢献は低い。また、システムの
ミスマッチから大宮DF陣はある程度余裕を持ってボールを持てるはず。そこから先の
局面で連動した型を作れるか。
・鈴木とのマッチアップ。恐らく対面は大悟になると思うが、鈴木の裏でボールを受け、
前を向ける回数をどれだけ増やせるか。それによって鈴木を守備に引っ張る事が
出来れば守備面の負担も減る。
・スペースへの配球。大分戦(特に前半)は中盤のスペースが少なく、足元の繋ぎだけ
では難しくなりがち。裏のスペースを使いたい。

今年は劇的な勝利も多いが、ホームでの勝率の低さは気になるところ。
メンバーも含めて見どころは多いが、まずはホームで勝利を頼む!
国立の話はそれからだ。


| 大宮アルディージャ | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/7-fbb1e5da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。