being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第24節 ジュビロ磐田VSサンフレッチェ広島

首位に立つ広島とホームで迎え撃つ4位の磐田による上位対決。

引きの早いブロックで相手の攻撃を吸収する広島と、2列目の出足とコンパクトネスを
活かして球際で守る磐田。色合いは異なるが、共に堅い守備を持つ。
そして、両チーム共に言わずとしれた日本屈指の才能を持つエースを有する。
ロースコアの緊迫したゲームが予想される。こりゃ面白そうだ。

19時過ぎ、テレビを付けると直樹ベンチスタートにガッカリ(笑)何じゃそら。
まあ、ここ数試合をチラ見した限りだけど、明らかに調子落ちてるし、仕方が無い。
暫くは力を蓄えつつ、終盤戦に爆発してチームに貢献するしか無いわな。

ゲームはCKによる佐藤寿人のヘッダーで広島が先制するも、磐田が駒野の直接FKで
追いつき、ドロー。

内容的にはジュビロが主導権を握り、広島を押し込み続けました。それにしても今の
磐田は良いサッカーをしていますね。端的に言って、強い。
対する広島は、元々ミキッチ等の主力を欠く状況に加え、前半途中に青山が負傷で
退いた事もあり、ややスクランブル的な布陣で戦わざるを得ない苦しいゲーム展開。
終盤戦に向けて、今後はチーム全体の総合力が問われる事になりますね。

まず、磐田に関する雑感。
これまでのゲームでも見られた通り、トランジションと球際の鋭さは素晴らしい。
特にサイドバックや中盤の底の押し上げに乗じて、松浦や山田がプレスバックを果敢に
仕掛ける動きは圧巻。藤田のアグレッシブなプレイも見違える様だった。見違える様
だった。一応、二回書いておく。

特に後半は、チーム全体で攻撃的な守備を実現。自陣のブロックで1トップ2シャドー
へのパスコースを完全に寸断した上で、ホルダーとの距離を詰める。カウンターの
気配を濃厚に感じさせた。
中盤と最終ラインの連動性や規律、終盤になっても落ちない運動量、そして選手
個々の闘う姿勢(具体的にはこぼれ球へのリアクションや動きの連続性)を見ると、
チームが一体となって前に進んでいる事が分かる。

選手個々では、駒野のプレイレベルの高さと山田の王者然とした姿が目立った。
駒野は単騎の仕掛けで相手ディフェンス2~3枚を手玉に取るシーンが頻発。
広島は清水が完全に守備に押し込まれて左サイドが機能不全に陥った。
また、直接FKは流石「日本のベッカム」(え、そんな呼び方はワシだけ?)の仕事
ぶりだけど、良く考えたらベッカムよりも機動力が高いっていうね。
何だか、サイドを駆け上がる姿に音が聴こえたわ。
山田選手は見る度に「怖さ」と「重さ」が増している気がします。局面を打開する
技術やゴールから逆算されたダイレクトな判断力等、特筆すべき点が多い選手ですが、
この日最も感じたのは、彼の荒ぶる魂っすね。全部勝つ気やからね、本気で。
キャプテンマーク姿が似合いますね、この選手は。

対する広島ですが、正直な所、チーム全体から停滞感を受けた。
前述どおり、主力の離脱ってのが痛いとは思うけど、疲れが漂う試合運びでしたね。
磐田のサイド(特に広島から見た左サイド)が強力な事もあり、守備の労力が大きい分、
攻撃の厚みが出せなかった印象です。
守備時に、2シャドーがタッチラインまで開いて相手のサイドバックを見るという
マッチアップの構造を考えると、起点の楔から早いタイミングでサイドの裏のスペース
を狙うというのが攻撃の基本線だと思ったのですが(直樹が溜めてファン・ソッコに
出したシーン等)、余り実現せず。反面、手薄な中央にボールが収まらないという事も
あって、難局が続いた。漸く前からのプレスを外したと思ったら、慎重なゾーン守備で
スペースを消され、出口の見えない遅攻に陥った。
相手の堅いバイタルを崩すには前線の距離感が遠く(サイドに2シャドーを当てざるを
得ないマッチアップの弊害も)、サイドを押し返す個の力にも欠けた。
まあ、この日に関しては相手が悪かった感もあり。結果論ですが、セットプレイで得た
リードを活かして、どれだけ相手を振り回せるかというゲームだったかもしれません。

そんな中でも、西川、水本、森崎和、高萩、佐藤といった選手達は好調と言えない
迄も責任に適うプレイを見せていた。あと、千葉選手は良い選手ですね(今更か)。
あの足元はチームが苦しい状況でも武器になりますよね。
右サイドのファン・ソッコ(時折、アレっていう連携ミスや若さを感じる判断もある
けれど)の奮闘も目に付いた。途中出場の大崎も思い切りの良いプレイで右サイドを
蘇らせた。

そして、石原直樹選手について。
青山の負傷に伴い、前半の終了間際に途中出場を果たしたが、ちょっとお疲れモード
ですかね。後半の大事な時間帯、攻撃面での冴えは無く、貢献は少なかった。
相手を背負ってのトラップや中盤でのワンタッチコントロール等、足元のプレイには
依然として課題が多く、攻撃のリズムを失わせる場面も。トラップの大きさ、高萩への
無茶ぶりなパス(高萩の技術に救われる)には怒りの余り叫んでしまいました(苦笑)
ただ、オフザボールでの動きや守備での役割でしっかりと汗を流す姿に、テレビの前で
拍手を送る。
自陣での挟み込みに絡み相手ボールを突き、サイドにボールを預けて、すかさず前線へ
走り出すシーンには独特のしなやかさを感じた。
また、終了間際、味方のセットプレイのセカンドを奪われ、あわや磐田のカウンターと
いうシーンで、逸早く守備に戻ってボールをラインアウトさせたシーンは印象深い。
どんな時でもそれを続ける事が大事ですよね。
この日はシュートこそありませんでしたが、今後もその小さな積み重ねに期待したい。
優勝する為には、その一つ一つのプレイが重要だと思うからね。

神経が張り詰めた守備と研ぎ澄まされたカウンター。見応えのあるゲームでした。
内容を考えると、ジュビロとしてはやや残念な結果でしょうね。
対する広島は、この日仙台が勝ち点3を得た事で2位に順位を落としましたが、この時期、
この磐田相手に勝ち点を詰められなかった事は非常に大きい。
残り10試合、優勝争いに絡む広島、磐田両チームの今後の戦いが楽しみです。


| Jリーグ | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/701-24f5dd10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。