being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌戦後記(デニスとクレメン)

札幌戦では後方からシンプルにクレメンを当てる事を徹底し、結果的に攻撃時の縦への
推進力と高い基点を得た。前半は完全に消えていたデニスだったが、後半はクレメンの
周囲を衛星としてゆっくりと動き始めた。

2トップで起用したデニスとクレメンのコンビネーションについては「これから」といった
感が強いが、少しづつ見えてきた事もある。

まずポストプレイヤーとしてのクレメンの能力。
磐田戦から片鱗は見せていたが、これは期待通りと言って良い。特に相手DFを背負った
状態での足元のプレイは安定している。ポストだけではなくバイタル周辺で簡単に足元へ
預ける事が出来る為、主税や大悟にはよりゴールに絡むプレーに意欲を見せて欲しいな。
対して、札幌戦ではロングボールに対して高さで競り負ける場面も見られた。
少なくとも圧倒的というほどでは無かった(ヘディング自体は上手い)。
これはボールの精度の問題が大きい(札幌戦に限れば強風の影響も)。
これについては今後の課題。但し、クレメンを中央の高い位置に置く事で2列目の飛び出し
に迷いが無くなった様に見える事も収穫として付け加えておきたい。

また、デニスのチャンスメーカーとしての能力。
これについては以前にも書いた通り
個人的には周りを使う事が抜群に上手い選手だと思っている。持ち過ぎに見える場面は
多いが、裏を返せば周囲に人が足りないとも言える。周囲がデニスのドリブルのコースを
作るような動きをする事で、更にデニスの違う面を引き出せるかも。
また、クレメンとの距離感によっては衛星として動き始めるかもしれない。

攻撃面だけに限定すると、デニスとクレメンのプレイスタイルの相性自体は悪く無さそう。
クレメンが中央に張ることで、デニスがサイドに流れてプレーする効果は大きくなるだろう。

少し下がり目にデニスを置き、クレメンには高い位置で頑張ってもらう。
デニスにボールが入った時には主税や大悟などのサイドの選手が斜めに追い越していく
・・・なんて場面を多く作れれば最高なんだけどね。

但し、忘れてはならないのは守備面の問題ですね。
正直な所、DFから安定したビルドアップを行う事が出来るチームが相手となると、現状の
クレメン・デニスの守備では不十分。相手DFラインに十分なプレスが掛けられず、こちらの
中盤のラインをズルズルと下げられる展開になる事が予想される。
中盤で数的優位を作られて(特に主税と大悟のところ)、簡単に自陣まで運ばれるようだと
前線が孤立しかねない。
そうすると、細かく繋ぐ事よりもクレメンに当てる事が更に優先されるだろう。

相手によってメンバーを代えて、闘い方を変えるか。
デニス・クレメンの2トップにより守備を徹底させる事が出来るか。
とにかく2トップに期待される役割は単純では無い。各選手が長所を生かし、競争の意義を
より複雑にして欲しい。「FWがチーム戦術を決める」という言葉はある意味正しいのかも。

宏太や森田は今後もスタメン争いに加わらなければならないし、桜井様も戻ってきた。
土岐田や市川、渡部君も出来る限りピッチに立ちたいところ。
チーム内でのFWの競争には更に注目していきたい。


| 大宮アルディージャ | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/71-aceeabf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。