being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高円宮杯U-18チャンピオンシップ 東京VユースVSサンフレッチェ広島ユース

〔JFA公式〕高円宮杯U-18サッカーリーグ2012チャンピオンシップ結果
〔スポーツナビ〕広島ユースが3連覇、野津田が2年連続MVP=高円宮杯

両チームのキャラクターと各選手の才能が眩いゲームでした。面白かった。
ヴェルディとしては、攻撃面で主導権を握る時間が長かっただけに、結果的には失点の
仕方が勿体無かった。特に開始直後のセットプレイと野津田選手のミドルへの対応は痛恨。
逆の視点で言えば、広島の試合巧者ぶりが際立ったゲームでした。

広島はトップチームと同じく3-4-2-1の布陣。
守備時には両ウイングバックを下げて人数を掛けて守る一方、奪ったボールを早目に
トップに当て、サイドから迷わずアーリークロスを入れる等、自らの術に徹する。
少ない人数で攻め切る。それが難しい状況では、セカンドを拾って人数を掛けて攻撃を
作り直す。守備に人数を掛ける分、その辺りのオプションの多彩さには手慣れを感じる。
勿論、チームの特長の一つであるトランジションの徹底こそが真骨頂なのは間違い無い。
2シャドーと両ウイングバックのプレスバックや挟み込みは要所要所でゲームの流れを
変えていましたね。
前半20分以降や後半頭など、ヴェルディの攻撃陣に押し込まれる時間帯も多かったが、
その際もチャンスを窺う落ち着きにチームとしての強さが見られました。
また、サイドからの攻撃に対する守りにも安定感があった。3バックが狭い間隔で中央
を閉じ、両翼や中盤の底がサイドのアプローチに出るという最終ラインの作り方にも
熟練を見た。

選手個人ではやはり野津田選手が圧巻でした。初めて1試合通してそのプレイを見た
のですが、評判通りの好選手ですね。
2得点1アシスト(2年連続のMVP)というチームを勝利に導く仕事は勿論、総合的に
チームへ貢献出来る選手ですね。サイドでのプレイ選択、中盤のスペースを使う動きや
守備意識等、他の選手を活かし、他の選手に活かされる働きも多かった。
ボディバランスやステップの力強さも十分。あと、先制点と1アシスト(絶品!)を
叩き出した利き足とは異なる右足の能力にも目を見張る。既にトップ昇格が決定済み
(既にJリーグデビュー済み)との事で来期以降の活躍が早くも楽しみですね。

あと、8番の末廣選手も目に付きましたね。判断の良いシンプルなプレイがとても
印象的でした。恐らく、ボールを受ける前に周囲の状況がよく見えているのだろう。
とにかく、気の効く選手だなあという感想を頻繁に抱いた。終盤、両足を攣って
交代したのですが、それまでの献身を考えると拍手を送らざるを得ませんね。

対するヴェルディは、所謂「タレント集団」との呼び声が高く、トップ昇格6人と
いう異例の年代。プロの予備軍とは言え、高校年代の選手にタレント云々というのは
やや違和感もあるけれど、このゲームを観ただけでも、特徴的な選手が多いのは確か。
ただ、個人での打開に陥る場面が多く、その点が広島との最大の違いに見えました。
本来はもう少しパスが繋がるチームだと思うのですが、サイドの局地戦で孤立したり、
バイタルの攻略でやや急いでしまう場面が目に付きました。それも広島のボールを奪う
アクションが与えた影響の一つなのかもしれませんね。

両サイドバックを高く張らせ、押し開けた中盤でボールを動かす様は相当レベルが高い。
また、カウンター時に前へ運ぶ中盤の能力は軒並み素晴らしい。
特に11番の前田選手10番の中島選手は、タイプは違えど、更に高いレベルでも十分に
通用する印象。
前田選手はボールを受けた後のトップギアへの入りが早く、トップスピードに乗ると
手を付けられない程の勢いを感じた。シュートも強烈ですね。
中島選手は線は細いけれど、間で受ける技術と巧みなスラロームで相手の逆を取るのが
上手い。高いシュート意識もそうですが、ドリブルの仕掛けも攻撃的ですね。

ゲーム自体はヴェルディの攻撃陣に注目する時間が多かったのですが、痛かったのは
後半開始直後に得点を決めた後の流れで追いつけなかった点。
特にサイド攻撃が不調は響いたかなと。ただ、中島選手を筆頭に中央を強引に攻める
意識もあり、その点には非常に感心しました。それでも広島のゴール前は崩れなかった
ですけどね。勝負勘や駆け引きにも唸らされるゲームでした。

最後に個人的に覚えておきたいことを2点。
1点目は、今大会を最後に8年間の広島ユースの指導を終える森山監督の言葉。
「気持ちには引力がある」
運動量と球際で勝つという選手達の意志は、確かに勝利を引き寄せた。

もう1点は、表彰式での高木大輔選手の表情と態度。
準優勝チームの一員として高円宮や協会のお偉方と握手をする恒例の場面ですが、
表面上は悔しさを微塵も見せず、両手で握手を求めながら笑顔で挨拶をし続ける姿を
見て、ちょっぴり心が動いた。

技術や力だけでは無く、幾つかの心も印象に残るゲームでした。

| サンフレッチェ広島 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/718-fbcf04f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。