being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

私は大晦日に謎の高熱を発し、今回もお馴染みの寝正月となってしまいました。
皆様も体調には気をつけてお過ごし下さいね。

さて、一昨日より妻が息子を連れて実家に戻っている為、現在暫しの一人暮らし中なの
ですが、それにしても暇です。ビックリする位、やる事が無いですね。何故生きている
のかという根源的な疑問に向き合わざるを得ない程、暇です。
余りにも暇なので、Twitterを始めてみました。面倒臭くなってあっという間に辞めるかも
しれませんが(笑)

ちなみに、アカウントは「hisau11」です。
応援するクラブや選手、カテゴリー等に関係無く、サッカーに関する面白い意見や
興味深い情報はマイペースで拾っていきたいと思います。
基本的にはJリーグに関するツイートが多いかと思いますが、リーガエスパニョーラや
プレミアに対しても射程範囲という事で。
あと、60~70年代と90年代のロックやギターポップ、パワーポップも垂れ流します。
それ以外だと、ランニングや仏像、吉田類辺りですかね。興味関心はゴチャゴチャして
ますが、まあ、その辺は適当に。
今後、縁のある方はどうぞよろしくお願いいたします。


そんなこんなで、昨日はゴロゴロしながら「京都橘VS丸岡」や「千葉VS湘南(2012年
J2第21節)」を観ていました。
特に、千葉と湘南の試合は曹監督の解説付きという事もあり、凄く面白かった。
気になった点はTwitterに幾つか流しましたが、それ以外についても何点か。

例えば、千葉の両サイドハーフへの守備時の対応について。
右の田中佑昌はライン際に張ってスペースを狙い、左の兵働はインサイドでプレイする。
両サイドハーフの特徴が異なる為、湘南としては、スライドで全体のバランスを整える
事が肝要になる。左右のセンターバックが前で対応するのか、ウイングバックが付いて
戻るのかの判断が難しかったとの事。駆け引きとしては見所の一つですからね。

また、スリーバックの人選についての話も納得。スリーバックにはスピードを持つ選手を
揃え、裏に出たボールにも対応出来るという前提で戦う(ハイラインもその一つ)。
このゲームでは、先発の深井(その前の試合は藤田と米倉の2トップだった)がスリー
バックの脇を突くというタスクを与えられている事は想定しており、湘南としてはそれに
ついて怖がる事は無かったという話。

あと印象に残っているのは、「選手達の吸収力」についての曹監督のコメント。
「吸収力に年齢は関係無い。それよりも、ウチの選手達は何か言われた際に自分達で
学ぼうという姿勢を持つ選手が多い。その点に頭が下がる」
正直、これにつきますよね。「その点に頭が下がる」という感受性も重要だと思う。 
また、「ミーティングで選手達にナポリのゲームを死ぬほど見せていた」という話は、
何となく想像が出来て、思わず笑った。

今年は千葉のゲームを追い掛けるつもりなので、少しでも去年の千葉の試合を観て
おこうと思った次第なのですが、このゲームに関しては湘南の戦い方に目を奪われる
時間が長かった。ゲーム自体もメチャメチャ面白かったなあ。
今季、J1で湘南がどの様な戦いを見せてくれるのか。楽しみになってきました。

| Jリーグ | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/725-b81f847e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。