being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第22節 VS大分トリニータ プレビュー

デニスの出場停止に加えて、慶行が火曜日の練習中に負傷。
チーム力を発揮するチャンスだと捉えて、3連勝を目指せ。
キーワードは「ハードワーク」と「一体感」。

〔大宮公式〕大分トリニータ戦前日レポート
〔J's GOAL〕【J1:第22節 大分vs大宮】プレビュー

【予想フォーメーション】

大宮アルディージャ
クレメン 宏太
大悟主税
佐伯斉藤
波戸村山
冨田レアンドロ
 江角 


大分トリニータ
森島ウェズレイ
 金崎 
鈴木高橋
ホベルトエジミウソン
上本深谷
 森重 
 西川 


デニスの不在は痛いが、柏戦の例もあるように(結果は伴わなかったが)、
ハードワークと一体感が先鋭化される事に期待する。

メンバーはベンチを含めて若干読めませんね。楽しみですね~。
サテライトで結果を残した早十は入るだろうし、新人も食い込めるか。
中盤は片岡を起用して、セカンドボールを拾う為の局地戦に賭けるのもアリ。
但し、マサと佐伯でボールを動かして戦うのが正攻法だと睨んでいる。

ホーム大分戦では、サイドでのファーストディフェンスが機能し、
鈴木と小林の両サイドに起点となる余裕を与えなかった。
また、セカンドボールを拾った後は、相手のラインを下げて
ボールポゼッションを握る闘い方を選択した。
基本的には前回の闘い方を踏襲する事になるだろう。
ただ、新潟戦を見る限り、大分はビルドアップ時にCBがサイドに開き、
WBを押し上げる形を見せていた点が少し気になる。
プレスが後手に回り、押し込まれる展開も覚悟しておいた方が良い。
まあ、その辺りの対策は大丈夫だろう!

攻撃では、サイドの裏を突く動きと相手ラインを下げた後の
ディティールが不可欠。クレメンというターゲットを得た今こそ、
相手の両WB裏のスペースを突く動きをより徹底したい。
クロスに対する相手の警戒は強まっているだろうから、
簡単にアーリークロスを上げて単調になる事は避けないと。
デニス不在の為、相手ラインを下げた後の崩しの局面では、
大悟と主税に期待したいね(桜井様が起用された場合は
ドリブル突破やワンタッチプレーで魅せてほしいね)。

システムのミスマッチから、SBがボールを持つ時間は増える。
正直なところ、SBがボールを持った際の選択肢は増やさないと
ダメだよなあ。ビルドアップするにしろ、ロングボールを出すにしろ、
課題が多いと感じる局面の一つだけに、この試合でも注目したい。

ホームでの戦いはマサのミドル2発で勝利を得たが、
大分はその頃とメンバーが変わっている。
右サイドには高橋が復帰し、両サイドの突破が強化。
高橋はゴール前での仕事も出来るだけにDF陣の連携はしっかりな。
前線にはC大阪から森島が加入。ロングボールの競り合いを厭わず、
ウェズレイと共にボールを収めて、中盤の上がりを促す。
楔が入った時に中盤の加勢で早めに潰してしまいたい。
その為にも、ガンバ戦の前半同様、DFラインは高めに保ちたいね。

公式での主税のコメントを読む限り、チームの雰囲気は良さそうだ。
清水戦以降はハードワークを取り戻しつつあるし、
チームの一体感で負ける事は許されないぞ。
現地には行けませんが、3連勝を祈ります!!
現地組の皆様、応援よろしくお願いします~。

| 大宮アルディージャ | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/77-467f1673

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。