being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バーレーンVS日本(2010 FIFAワールドカップ アジア最終予選)

予選では勝ち点3という結果が全て。
アウェイでの緒戦という事を考えると上々のスタートですね。
自滅に近い形だが課題が見つかった点も良し。

〔FIFA公式〕バーレーンVS日本

田中(逹)と玉田の2トップに託されたファーストディフェンスが奏功する。
切り替えが早く、後ろも守りやすかったと思う。
懸念された相手のロングボール攻撃の精度を抑える事に成功し、高い位置からのショート
カウンターを狙う事も出来ていた。前半30分周辺と後半の序盤は間延びの気配もあったが、
特に田中(逹)が相手中盤にもプレスを掛ける事で瓦解を食い止める。

攻撃面では楔にFWが顔を出した後にサイドを起点とするパターンとFWがサイドへ開いて
ボールを受け、その後に中でレシーバーを増やしていくパターンなどが見られる。
昨今の流れに沿った攻撃の意図は見られた。
サイドバックの上がりが制限され、崩しには繋がらない部分もあったが、両サイドバックが
無制限に上がり、裏を狙われ続けたウルグアイ戦に比べると、納得できる闘い方(先制
出来た事も大きかったが)。左サイドバックに阿部を置いたのは結果的に成功。

良い流れの時間帯に中村(俊)のFKで先制。
押し込まれた前半終了間際に相手のハンドで得たPKによる追加点。
相手に退場者が出た後はもう少し落ち着いてボールを回す時間帯が作れれば良かったが、
ピッチコンディションを考えると仕方無いか。

終了間際の2失点は勝ち点3とのセットだからこそ価値あり。
(特に1失点目は嫌な取られ方だったなあ。DFの人数揃っていたし)
交代選手の役割を明確にする事や時間帯や試合展開による闘い方の意志統一は
今後の課題としていけば良いでしょうね。

【雑感】
・今後も中澤と闘莉王に掛かる負担は大きそうだな。

・田中(逹)は攻守の切り替えの早さと高いモラルの維持が見事。

・ピッチが悪いと気づく事、遠藤のパスは転がり方(回転)が綺麗。

・バーレーンの攻撃陣の選手がアジア枠で来る事になると強烈だなと。

・長谷部の運動量と縦パスによるスイッチが目を引く。

・選手交代のカードを全て使い切ったロスタイム間近の時間帯で「選手交代で時間を
使いたいですね!」と叫ぶ松木。その興奮はある種羨まし・・・くない。


| 日本代表 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/84-ab633c32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。