being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第27節 VSヴィッセル神戸 プレビュー

例えば会議中の話。
まずは日々の業務に全力で取り組む事を優先すべきだという声と、構造的な問題点に
注目して大きな変化や改革を望む声の間で話が行き詰る。
現状維持は緩やかな下降だとも言えるし、現場を無視した大きな変化は片手落ち。
そんな会話はどこの会社でも交わされている事でしょう。

その二つを繋ぐモノはやはり日常の中にしか見つからない。
日常を疎かにして物語だけを求めていても時間の無駄だと思う。

ええ勿論、神戸戦の話ですとも(笑)

〔大宮公式〕ヴィッセル神戸戦前日レポート

【予想フォーメーション】

大宮アルディージャ
クレメン 主税
 
大悟内田
 
片岡佐伯
 
波戸村山
冨田レアンドロ
 
 江角 

ヴィッセル神戸
レアンドロ 吉田
 
大久保栗原
 
ボッティ
 
内山石櫃
北本小林
 
 榎本 

ええい!慶行はまだか、慶行はおらんのか!
デニスの代わりにトップで起用されるのは主税かな。
〔埼玉新聞〕連敗脱出へ運動量を 27日、神戸戦
うん、やっぱり頼りになる男です。

浦和戦で復活した内田が右サイドで先発の模様。期待しています!
センターは片岡と佐伯の組み合わせが有力。

神戸は松岡が出場停止。ボッティが真ん中に入り、サイドには栗原か吉田が予想される。

【積極的な守備の復活】
神戸の選択はロングボールが多くなるだろう。
相手のロングボールに対して、冨田・レアンドロがラインを下げずに戦えるか。
レアンドロ等、相手の速い選手に対して裏のスペースを空ける事は怖い。
しかし、ラインを下げると大久保がバイタルを狙う相手の術中に嵌る。
ロングボールでかわされたとしても、試合序盤は恐れずに続ける姿勢が見たいです。
前線でしっかりとプレッシャーを掛ける事とセカンドボールを拾う為に中盤の底で強く闘う
事が必要でしょう。
デニス不在により、シーズン当初のコンセプトへの回帰が見られるか。
主税や内田が前線からプレッシャーを掛ける事で積極的な守備を取り戻したい。
また、運動量を維持するカードは早めに切り、先手先手で闘うベンチワークを期待。

【見えない解答】
現在の大宮では2列目のサイドには機動力と運動量が求められる。
大悟の技術が発揮される場面は少なく、他の選手が見せる攻守の切り替えの早さや
裏を狙う姿勢が目立つ場面の方が多いのも事実。
大悟自身の調子(腰は万全?)の問題もあるかもしれません。
主税や慎、内田を両サイドで起用すれば良いのでは・・・と思う事も多いが、樋口監督が
大悟を使い続ける事には様々な「深さ」も感じています。「機動力と運動量だけを求めて
いる訳では無い」という解答が潜んでいるのだと何度も何度も期待している。

主税がトップで起用された場合、大悟が近い位置で絡む事が重要。
柏戦での良いイメージも残っている。
引いて受けては、裏へも飛び出していく主税の動きに呼応する姿が見たい。
主税や内田が作るスペースを積極的に活用して得点に絡んで欲しいな。
開幕の新潟戦では2トップと共にゴール前に進出する場面が多く見られ、実際にゴールと
いう結果に結びつけた。求められている一つの解答だと思います。
結局ね、大悟が活躍するゲームを想像すると単純に楽しみだよね。

残留争いの直接対決。
1試合少ないとは言え、鹿島戦の勝ち点は計算出来ない(本当にゼロだと悲しいが)。
直接対決を勝ち抜き、今シーズンこそ「消化試合」ってのを見せてくれませんかね・・・。

清清しい朝ですね。久々に太陽の下で闘う事が出来そうです。


| 大宮アルディージャ | 09:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/95-e4d759b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。