being there 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J1第27節 VSヴィッセル神戸(NACK5スタジアム大宮)

KOBE2.jpg

KOBE1.jpg

失点の仕方や時間帯が悪かった点を差し引いたとしても酷い内容だった。
終始精彩を欠き、全てが噛み合わないまま大惨敗。3連敗です。
残留争いのライバルとの直接対決に敗れ、降格の本命となりつつある。
雰囲気としては昨年終盤よりも危険だという印象も。

試合後、スタジアムから退場する際にOASISの「Don't Look Back In Anger」が聴こえる。
これまでは気に留めなかったけど、少し考えたら嫌味かっつ~の(笑)
負けた時には最悪の選曲やろ。

〔大宮公式〕J1第27節 ヴィッセル神戸戦の試合結果

やはりFWはクレメンと主税の2トップ。中盤のセンターはマサと佐伯でした。
神戸のセンターは田中英雄とキムナミルの組み合わせ。2トップの一角には吉田が入る。

立ち上がりはお互いに慎重な流れ。この時間帯だけは大宮の中盤も流動的に動く。
内田の裏を窺う動き、大悟の中央への進出があり、高い位置で主税がボールを収める
場面もあり、期待しながら見ていたのだが・・・。
前半12分に大宮の右サイドで基点を作られると、中央でボッティが波戸さんをかわして、
見事なミドルを叩き込む。痛恨の失点。
最近不調とは言え、カウンターを潜ませる神戸にとってはこれで戦いやすくなった事だろう。

浦和同様、神戸も村山とCBの間にロングボールを入れる事を狙いとしていた。
FWの一方と大久保が村山に絡んだ所に放り込まれ、ラインを下げられると共にレアンドロが
釣り出される。スコアが動かない限りは、これ自体対応出来る事だったとは思うが、先制
された事もあり、終始オプションとして有効利用された。
それに加えて、神戸は大宮DFのラインの前を徹底して使う意図が見られた。

また、主導権を譲り渡す原因となったのが、マサと佐伯の位置取りとミスの多さ。
相手が潰し所を絞ってきた事もあるが、繋ぎでは単純なミスを連発。
タッチ数が無駄に増え、攻撃時の展開が遅い(これはDF陣を含めて)。
特にマサはボールが足に着いていなかったなあ。浦和戦から悪い流れ。
相手ボールの時には、双方共に前へ出る事が出来ず、セカンドボールを簡単に繋がれた。
攻撃時には、必ず一方がサイドや前線に絡んでいた神戸のボランチとは対照的。
少し単純な見方かもしれませんが。

前半の終盤には、微かだが大宮の時間帯もあり。
内田がサイドを何度か突き、左サイドでは波戸さんからのクロスも上がる。
決定機はクレメンのヘッドや反転シュート、セットプレーくらいだが、それでもあの時間帯に
決めなければ勝ち目が無い。
後半開始早々に大久保に走られた後、吉田に追加点を奪われあっさりと終戦。

慶行を投入し、マサをアンカーに据えた4-3-3に変更。
中盤で人数を掛けて繋ぐ事は改善されたが、今度はサイド攻撃が行き詰まる。
早く攻める事は出来ず、ようやく上げたクロスは直接タッチラインを割る・・・。
結果的には、時間のほとんどを神戸のカウンターの練習相手として過ごす事に・・・。
うむ、収穫は無いかな。

【反省と切り替え】
このような結果で降格圏内が迫って来ると、そりゃ雰囲気も微妙です。
但し、FC東京戦、浦和戦共に不甲斐なかった事を忘れ、今更「必要以上に」悲観的になる
のも・・・と個人的には感じる。一戦、一戦・・・です。
危機感を持つ事は絶対(!!)だが、反省と切り替えの両方が必要ですね。
あんまり極端な方向に反省してもアホだし、反省も無く切り替えるのはもっとアホ。

前線からの守備。全てが成功した訳では無いが、続けていくべき。
早い時間帯に失点した事で徒労感が増えた感じはするが、決して失敗ではないと思う。
また、内田は良い局面を作り出した。
やはりサイドの選手が裏を突くことでチャンスを作る事が出来るし、結果的にFWへの楔を
入れる選択肢も増えるだろう。
主税のFW起用自体は計算が出来る。攻撃時に人数が掛からず、マークが集中する場面が
多かったが、ボールタッチ自体は安定。もう1人くらい絡んでくれないと苦しいけど・・・。

簡単に失点した事で全てが上手く噛み合わなかった・・・というのが選手共通の感想でしょう。
その点に関しては切り替えるべきだと思います。
逆に言えば、現状の大宮には先制された際に立て直す力が無いという事。
まず、守備の局面での1対1の弱さについては反省ですね。そこは最低限でしょう。
デニスの個人技以外で引いた相手を崩すオプションは限られていますしね。
そう考えるとまずは守備からという事になるでしょう。

【雑感】
・終盤、真ん中に入った大悟には久々に「技術」を感じた。
中盤にスペースが出来た時間でしたが、前を向いた際の選択肢の多さは感じた。
サイドでの時間に比べると自然な印象。ただ、頭から使うとなると話は別だし・・・。

・The結果論。片岡先発で良かったのでは・・・。

・レアンドロ、終盤は攻撃に意識が傾き、軽いプレーを連発。自陣の深い位置でファウルを
貰いに倒れる癖は何とかした方が良い。

・クレメンは制空権を取れず。だから足元の方が強いんだって!現場ではシミュレーションに
見えたが、TVで見るとちょっと微妙。でも、あの程度でPKは無理でしょ。

・主税か波戸さんが退場するのではないかとヒヤヒヤ。

・森田、ロングボールの競り合いで勝ってたよ!!絶好調です・・・よね。

・システム変更が上手く伝わらず大声で伝達する樋口監督。ちょっと後手後手。

・何だか、ハンドが異常に多い。

さて、惨敗を敢えて冷静に振り返ってみました。
いや、ハラワタ煮えくり返っているんですけど。頭を冷やすとするかな。
今、TVで柏-川崎を見ていますが、前半で4失点って・・・。
何故か柏側の視点で泣きそうです・・・。

| 大宮アルディージャ | 20:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

The結果論

片岡で良かったですよね。
さすがに今回の試合は堪えました・・・。
無策と言うか何と言うか虚無感すら感じました。

自分も柏対川崎を観てましたけど、
柏も大宮と同じような状態ですかね。
前線からのプレスからゾーンへの切り替えに失敗している感じです。

| スーザン | 2008/09/27 21:22 | URL |

スーザンさん

ええ、虚無感、辺りに充満していましたね~。
ピッチ上の余りの混乱っぷりに、スタジアムも戸惑っていた感じで(笑)。

>前線からのプレスからゾーンへの切り替えに失敗
一歩が一歩に迷いを感じましたね。
少なくとも序盤戦の切り替えの早さは取り戻せていません。
この中途半端な状態での残留争い突入は、危ないですね・・・。

| hisau | 2008/09/27 23:12 | URL |

ハンドと神戸の16文キック・ディフェンス(正当にボールだけアチョー!!って)の多さしか記憶にありません。

片岡使ってディフェンス力を上げて、
キープ率を高めた方が良かったなという結果論には同意っす。

それにしても、しょーもない試合でした。
これがデーゲームに度々発生する大宮名物ク◯試合ですね。

| ぴの | 2008/09/28 00:09 | URL |

ぴのさん

カンフーキックは神戸で流行ってるんですかね~。
あと、江角が慌ててスローしたら、ゴール前の敵に直接渡ったっつ~のが
印象に残りました(笑)。前頭葉割れるかと思いましたわ。
本当にしょうもない試合でしたね。8000人ですら、観客多すぎです。

| hisau | 2008/09/28 08:19 | URL |

お疲れ様でした。
本当に仰るとおり反省と早い切替だと思います。
やっている意図は感じられるし、間違っていないと思います。
酷い内容でしたが、かといって、変える必要もないし簡単に変えられない。
自分達を信じて、トライあるのみです。

| kei | 2008/09/29 09:49 | URL |

keiさん

コメントありがとうございます。
試合の間隔が詰まっているだけに、
どのように切り替えるかは重要ですよね。
これまでに出来ていた事、成功していた事を、
もう一度全力でやり切る事が最優先だと思います。
そうですね、本当にトライあるのみです。

| hisau | 2008/09/30 00:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yankeehotelfoxtrot.blog17.fc2.com/tb.php/96-72db2aef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。